厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

休養・こころの健康 / 診断・治療

エクスポージャー療法

恐怖や不安の原因になる刺激や状況に段階的にあえてさらすことで不安反応を消していく方法。主に恐怖症や不安障害などに用いられる行動療法のひとつ。

抗うつ薬

うつ病治療の基本薬で、現在は副作用の少なさを考え、SSRIやSNRIが主に使われている。

心療内科

心理的原因から起る身体疾患を心身両面から総合的に診ていくための心身医学を実践する診療科。

自律訓練法

自己暗示の練習によって段階的に全身の緊張を解いていく訓練法。疲労回復やストレス解消などの効果が期待できる。

睡眠薬

睡眠を誘発し、持続させるための薬物。症状に合った薬剤を医師の処方によって服用する。

ストレスコーピング

ストレスの基にうまく対処しようとすること。問題焦点コーピングと情動焦点コーピングに分けられる。

ストレスマネジメント

ストレスとの上手な付き合い方を考え、適切な対処法をしていくこと。

精神安定剤 / 抗不安薬

不安障害などによる不安やイライラを軽減・解消するための薬剤。使用には医師の的確な処方が必要である。

精神科医

精神疾患や精神障害、神経症、心身症などの診断と治療を専門的に行う精神科の医師。

精神科ソーシャルワーカー

精神障害者やその家族の生活上の相談にのり、社会生活に関する助言や指導、援助を行う人。

知能指数 / IQ

知能の水準あるいは発達の程度を測定した検査の結果を表す数値。知能のおおまかな判断基準とされると同時に、知的障害などの診断や支援に利用される。

認知行動療法

うつ病などの様々な心の病に対する有効性が医学研究で立証されている心理療法。