厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

休養・こころの健康 / 相談・支援

EAP / 社員支援プログラム

メンタルヘルスを通して、職場内または個人の問題を抱える従業員を支援するプログラム。

移送制度

精神科治療が必要かつ有効にもかかわらず治療を拒否する患者を医療に結びつけるための患者搬送制度。

カウンセリング

心理的な問題や悩みについての原因追及とそれを除去するための援助を行うこと。

家族会

アルコール依存症に巻き込まれている家族の回復のため、専門病院や地域の保健所などで開催されている。

グループホーム

知的障害者や精神障害者、認知症高齢者などが専門スタッフの支援のもと集団で暮らす家のこと。

産業医

事業場で、労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、指導・助言を行う医師のこと。

自殺対策基本法

自殺の予防と防止、その家族の支援の充実のために制定された法律。法制化に向けて全国で署名活動が行われた。

自助グループ

同じ問題をかかえる人たちが集まり、相互理解や支援をし合うグループ。

精神科救急医療体制整備事業

精神科病院の協力を得て国と都道府県が運営する精神科救急医療サービスの提供事業。大きな地域差がある。

精神科救急情報センター

精神科救急に関する相談を受け付け、精神科専門職員が適切なアドバイスを提供する電話相談窓口。

精神科救急入院料病棟

精神科救急医療を中心的に担う高規格の精神科専門病棟。スーパー救急病棟とも呼ばれている。

精神科急性期治療病棟

高規格で定額医療費制の精神科専門病棟。全国で認可され精神科救急医療体制整備事業を担っている。