厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

休養・こころの健康 / 睡眠障害

アデノイド / Adenoid

小児の鼻咽腔にある、咽頭扁桃として知られる組織が肥大したもの。

いびき / snoring

睡眠中に鼻や喉などが狭まるため、呼吸に伴って出る音。

過覚醒 / 覚醒亢進

覚醒水準が亢進すること。強いストレスなどを受けたときにみられる。

過眠

夜間十分な睡眠をとっているはずなのに、日中に目覚めていられないような病的な眠気がみられること。

概日リズム睡眠障害

体内時計の周期を外界の24時間周期に適切に同調させることができないために生じる睡眠の障害。

交代勤務睡眠障害

交代勤務のために睡眠時間帯が頻繁に変化することにより、睡眠をはじめ精神・身体機能の障害がもたらされる症状。

周期性四肢運動障害

睡眠中に四肢の異常運動が生じて睡眠が妨げられる病気。

時差症候群

4~5時間以上時差のある地域へ高速移動することにより、体内時計と外界の明暗周期がずれてしまうために起こる。

睡眠障害

睡眠に関連した多種多様な病気の総称。大きく分類すると、不眠症・過眠症・睡眠時随伴症がある。

睡眠時随伴症

睡眠中におきるねぼけ行動の総称。

睡眠時無呼吸症候群

眠り出すと呼吸が止まってしまうため、過眠や高血圧などを引き起こす病気。

睡眠相後退(前進)症候群

睡眠相後退症候群は入眠困難と覚醒困難が慢性的に持続し、睡眠相前進症候群は夕方の眠気や早朝覚醒を呈する。

睡眠不足症候群

慢性の睡眠不足のため、日中に過眠が出現する状態。

ナルコレプシー

ヒポクレチン(オレキシン)を作り出す神経細胞が働かなくなるためにおこる過眠症。

認知症

記憶障害など脳の認知機能障害により、日常生活に支障をきたすようになる疾患。アルコール多飲により認知症になりやすくなる。

非24時間睡眠覚醒症候群

一定の時刻に入眠し起床することが著しく困難であり、睡眠の時間帯が毎日30~60分ずつ遅れていく症状。

不眠症

寝つきが悪い・何度も目がさめる・眠りが浅いといった症状が慢性化している状態。

レストレスレッグス症候群 / むずむず脚症候群

夜になると出現する下肢を中心とした異常感覚により不眠、過眠を引き起こす病気

レム睡眠行動障害

睡眠中に夢体験と同じ行動をとってしまう病気。