厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

EAP / 社員支援プログラム(EAP)

メンタルヘルスを通して、職場内または個人の問題を抱える従業員を支援するプログラム。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

職場内または個人の問題を抱える従業員を支援するプログラムです。アルコール依存、薬物依存が深刻化したアメリカで、これらによって業務に支障をきたす社員が増加したことに対応するために作られました。

日本においても、近年、業務による心理的負荷を原因として精神障害を発病して休職、さらには自殺にまで至るケースが増えており、労災事故として認定されるケースが増加する傾向にあります。

社員の抱える問題、職場の抱える人間関係などの問題を個人的問題として処理して来た日本の企業でも、これらの問題が出現したときの対応コストをリスクマネジメントとして考え、あるいは、さらに一歩進んでCSR(企業の社会的責任)の一貫と考え、EAPを導入することが必要とされています。

労働者自身が自らのストレスを予防・軽減する「セルフケア」、管理監督者の行う「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフによるケア」、事業場外の専門機関の支援を受ける「事業場外資源によるケア」という4つのレベルで、下記のようなEAPを効果的に作り上げることが企業の課題となっています。

  • メンタルヘルスケア推進のための教育研修・情報提供
  • 職場環境等の把握と環境整備改善
  • メンタルヘルス不調への気づきと相談に対応出来るネットワーク作り
  • 休職者の円滑な職場復帰と就業継続のための支援

メンタルヘルスの問題を抱えていることを他者に告げることがいまだに憚られる日本においてこそ必要なプログラムです。