厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

メンタルヘルス(めんたるへるす)

ストレスによる精神的疲労、精神疾患の予防やケアを行うこと。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

メンタルヘルスとはこころの健康を保つことです。メンタルヘルスの維持を企業と個人で考えた場合、企業においてはEAP(従業員支援プログラム)という手段を作ることによって行われます。個人のメンタルヘルスの場合は、ストレス耐性(ストレスを受け流す柔軟性と受け止める強さ)を高めること、すなわちストレスマネジメントが最も重要な課題です。

ストレスの状況を把握出来るチェックシート(書籍やインターネットのサイトにあります)などを利用して、現在の自分のストレスの大きさ、原因などを客観的に把握して、仕事の内容を見直したり、精神的な疲労の予測を行うことが大切です。

このストレスチェックを定期的に行い記録することで、うつ病などの精神疾患になった際に、その過程や状況を把握することができ、医師に相談する際に役に立ったり、自分が疾患になる際のパターンを分析し把握することで、再発を予防することの助けになります。 精神疾患の早期発見と自分にあった予防方法を確立することはストレス耐性を高め、メンタルヘルスの大きな武器となります。