厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

エクスポージャー療法(えくすぽーじゃーりょうほう)

恐怖や不安の原因になる刺激や状況に段階的にあえてさらすことで不安反応を消していく方法。主に恐怖症や不安障害などに用いられる行動療法のひとつ。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

心理用法で「行動療法」とよばれる治療法のひとつです。何らかの恐怖や不安が原因となって不適切な反応(異常な恐怖心など)が出ている状態を改善するために用いられます。

患者の不適切な反応の原因となっている刺激や状態に、患者は段階的に直面していきます。直面する方法は、大きくふたつに分けることができます。イメージを用いて行うものと、現実場面を用いて行うものです。患者は、それらの刺激に向き合うことで、刺激に慣れ、不適切な反応を示さなくなります。

これらの治療は、主にパニック障害やPTSDなどの不安障害や強迫性障害などで用いられています。