厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

飲酒 / アルコールによる健康影響

アルコール性認知症

アルコールの大量摂取が原因と考えられる認知症のこと。ウェルニッケ・コルサコフ症候群と同じという意見もある。

アルコールと結核

アルコールの飲みすぎは免疫力低下につながり、かぜや結核にかかりやすくなる。

胃潰瘍

胃酸によって胃の壁が傷つけられ、痛みや出血を起こすこと。

ウェルニッケ・コルサコフ症候群

ビタミンB1(チアミン)の不足によっておこるウェルニッケ脳症とその後遺症であるコルサコフ症候群のこと。

う蝕

う蝕=むし歯。歯の硬組織の表面が細菌の酸産生により崩壊され、エナメル質やセメント質から象牙質へと進行し、実質欠損を形成する代表的な歯の疾患。

過敏性腸症候群

腸が精神的ストレスや自律神経失調などの原因で刺激に対して過敏な状態になり、便通異常を起こす病気。

急性アルコール中毒

大量の飲酒により血中アルコール濃度が上昇し、生命に危険を生じた状態。

軽度認知障害

物忘れが主たる症状だが、日常生活への影響はほとんどなく、認知症とは診断できない状態。

口腔衛生

歯口(口腔)清掃のこと。さまざまな方法により、口腔の不潔因子を除去し予防する。

高尿酸血症

尿酸の血中濃度が異常に高まった状態。痛風発作の原因となる。

歯周炎 / 歯槽膿漏

歯周炎=歯槽膿漏。思春期から発症し、成人ではほぼすべての人に何らかの兆候が認められる。近年、糖尿病や肺炎など全身疾患のリスク因子として注目されている。

脂肪肝

肝臓に中性脂肪がたまった状態。メタボリックシンドロームに合併しやすく、放置すると肝炎などを引き起こす。