厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

アルコールと結核(あるこーるとけっかく)

アルコールの飲みすぎは免疫力低下につながり、かぜや結核にかかりやすくなる。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

結核は過去の病気ではありません。現在でも年間2万5千人が罹患します。多量飲酒者では合併する栄養低下も加わり、免疫力が低下し結核にかかりやすくなります。かつてジョージア州で行われた調査では新たに発症した結核患者の実に49%がアルコール依存症者であったという報告があります。日本においても結核罹患患者は都市部に偏在し、路上生活者やアルコール依存者との関連が指摘されています。