厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

急性アルコール中毒(きゅうせいあるこーるちゅうどく)

大量の飲酒により血中アルコール濃度が上昇し、生命に危険を生じた状態。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

臨床的には、大量の飲酒により生命に危険を生じた状態を急性アルコール中毒としており、低体温・低血圧・頻脈・呼吸抑制・尿便失禁等の症状があります。

ビール中瓶を4-5本飲んだ量に相当する160mg/dl以上の血中アルコール濃度から中毒の可能性があり、ビール10本程度に当たる410mg/dl以上では中毒死のリスクがあります。特に女性・体の小さな人・少量のお酒でも顔が赤くなる人(赤型体質)・高齢者・未成年者を含む若年者・普段お酒を飲みなれていない人ではリスクが高くなります。

急性アルコール中毒になったときには、左側臥位にして、嘔吐物による窒息をふせぎ、早急に救急車を呼びましょう。東京都内だけで毎年1万人以上の方が急性アルコール中毒で救急搬送されています。特に一気飲みなど短時間で大量の飲酒があったケースでは、急激に症状が悪化しやすく、死亡することもあります。