厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

ウェルニッケ・コルサコフ症候群(うぇるにっけ・こるさこふしょうこうぐん)

ビタミンB1(チアミン)の不足によっておこるウェルニッケ脳症とその後遺症であるコルサコフ症候群のこと。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

ビタミンB1(チアミン)の不足によっておこるウェルニッケ脳症とその後遺症であるコルサコフ症候群のことをウェルニッケ・コルサコフ症候群と呼びます。

チアミンが不足すると軽度から昏睡までさまざまな程度の意識障害、眼球運動障害、小脳失調を特徴とするウェルニッケ脳症を発症します。眼球運動障害は眼球が全く動かないのが典型的ですが、細かい眼の振るえ(眼振)も含みます。小脳失調とは小脳の働きが悪くなって立ったり座ったりしたときに体がふらついて倒れてしまったり、手足を思う通りに動かせなくなる症状のことです。チアミンを大量に点滴することで命は助かりますが、そのまま放置すると死んでしまう病気です。
チアミンが不足する原因にはアルコール依存症(大量のアルコール摂取によってチアミンの吸収が障害され、さらに依存症の人は飲酒ばかりで食事を摂らない飲み方をする人が多い)、摂食障害、妊娠悪阻などがあげられます。

しかし、命が助かっても約80%に健忘症候群(コルサコフ症候群)と呼ばれる健忘を特徴とする後遺症が残ります。これは文字通り健忘を主とする病気で、理解力や計算などの能力は比較的保たれますが、記憶力が著しく低下する病気です。病気になる前の記憶が失われたり(逆行性健忘)、新しいことを覚えることができなくなったりします(前向性健忘)。また、重症の場合には記憶力以外の認知機能が低下して認知症と診断されるケースもあります。