厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

喫煙の妊娠出産などへの影響

女性の喫煙は、妊娠する能力の低下・早期破水・前置胎盤・胎盤異常・早産や妊娠期間の短縮、胎児の成長が制限されたり低出生体重の原因となります。また出生後に、乳児突然死症候群(SIDS: Sudden Infant Death Syndrome)を引き起こす可能性が指摘されています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

喫煙は、ヒトが妊娠し、胎児が成長し、出生してきて、乳幼児期から小児期そして思春期、成人へと成長し、また子孫を再生産するプロセスにおいて、さまざまな健康影響を及ぼします。
特に妊娠にかかる年代においては、現在喫煙率がほぼ最大の時期とも重なります。若さから喫煙といえばがんくらいの認識で、自己の健康影響としては対岸の火事に近い感覚を抱きがちです。こういう状況のもとで子供ができて生まれ育つ環境があることを重要視し、まず身近なところから整えるという意味において、妊娠や出産という再生産のプロセスと喫煙との関係について、もっと知られるようにしなければなりません。

まず女性の喫煙においては、妊孕性つまり妊娠する能力の低下の原因となることが重大な問題です。
そして妊娠中の喫煙は、早期破水・前置胎盤・胎盤異常の原因となります。さらに早産や妊娠期間の短縮もみられます。また胎児の成長が制限されることもあるので、低出生体重の可能性が増加します。その他、子癇のリスクの減少を引き起こしますが、だからといって子癇の予防のためにたばこを吸いましょうということにはつながりません。
このほかにも喫煙と関連がある可能性があることとして、子宮外妊娠・自然流産・口蓋裂が指摘されています。

このような妊娠そのものへの影響以外にも、妊婦の喫煙による胎児への影響から乳児期、小児期から思春期など、ヒトの発達段階への影響も検討されています。
出生後の乳児期においては、乳児突然死症候群(SIDS: Sudden Infant Death Syndrome)の原因となることが挙げられています。また、妊娠中の喫煙によって乳児期の肺機能が低下する原因となります。下部気道の病気にもしばしばかかりやすくなり、小児期や成人期の呼吸機能の障害につながりやすい可能性が指摘されていますが、身体的発達そのものなど発育全般については総合的に因果関係の検討を行うだけの十分な知見がありません。
小児期や思春期の喫煙は、肺の成長が障害される原因となります。また思春期末や成人早期においての喫煙は、肺機能低下が早く始まる原因となります。特に小児期や思春期における呼吸器症状(せき・たん・ぜいぜい・息切れなど)は顕著にあらわれますし、喘息に関連した症状(ぜいぜいすることなど)を引き起こす原因となります。

参考文献

  1. 米国公衆衛生総監報告書(2004年)
    CDC(Centers for Disease Control and Prevention) / 2004 Surgeon General's Report
    http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2004/