厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

フッ化物歯面塗布

比較的高濃度のフッ化物溶液やゲル(ジェル)を歯科医師・歯科衛生士が歯面に塗布する方法です。乳歯むし歯の予防として1歳児から、また成人では根面むし歯の予防として実施されています。矯正治療中の患者さんや唾液流量の低下している人など、ハイリスクの人に他のフッ化物応用法に加えて実施されています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

フッ化物歯面塗布は、萌出後の歯の表面に直接フッ化物を作用させることによって、むし歯抵抗性を与える方法です。歯科医師や歯科衛生士が行うむし歯予防手段であるため、歯科医院や保健所・区市町村保健センターなどで実施されています。公衆衛生手段としては、費用や人手が必要なうえ、実施対象(受診したもの)が限られるなど弱点があります。

使用薬剤

リン酸酸性フッ化ナトリウム(APF)とフッ化ナトリウム(NaF)が主な配合フッ化物で、剤型としてゲル(ジェル)と溶液があります。配合濃度はフッ化ナトリウムとして2%(フッ化物イオン濃度として9,000ppm)になります。

塗布の手技

主に下記3つの方法が用いられており、歯ブラシ法・綿球法が一般的です。

  • 綿球・綿棒法:溶液タイプの製剤を用いて、小綿球または綿棒に浸して歯面に塗布する方法
  • 歯ブラシ法:ゲル(ジェル)タイプの製剤を歯ブラシを用いて、通常の歯磨きの要領で歯面に塗布する方法
  • トレー法:既成または個々人の歯列に合わせたトレーにゲルまたは溶液タイプの製剤をのせ、歯面に接触させる方法

塗布後の保健指導

  1. 塗布終了後に唾液を吐き出させ、うがいや飲食は30分間しないように指導します。
  2. 乳幼児の場合、保護者に対して間食指導・ブラッシング指導を合わせて実施します。
  3. 次回塗布の予約手続きを行います。

予防効果

フッ化物歯面塗布は単に1回受けても効果は得られません。年2回以上定期的に継続して受ける必要があります。乳幼児に定期的に継続して実施した場合、むし歯をほぼ半分に減少させたとの報告があります。また永久歯に対する予防効果については20~30%の報告が多いようです。

安全性:フッ化物溶液(ゲル)準備量と口腔内残留フッ化物量

他のフッ化物製剤と異なりフッ化物濃度が高いため、取り扱いは専門家に限られていますが、低年齢児に応用する場合には使用量に注意します。
小児に応用する場合、1回の塗布に使用する薬剤の量は2g(2ml)以内とします。薬剤2g(2ml)中に含まれるフッ化物の量は18mgになります。この量では急性毒性の心配が不要です。溶液の場合は目盛り付きポリカップに1~2mlを計量します。またゲルの場合は、パイル皿のくぼみに擦り切り1杯を取ると、約1gのゲルの計量ができます。なお適正な術式における1回の塗布後の口腔内残留フッ化物量は1~3mgです。

普及状況

2009年度国民健康・栄養調査では、フッ化物歯面塗布を受けたことがある3歳児の割合は64.6%に増加し、「健康日本21」の目標値「50%」を達成しました。

前 新潟大学大学院 医歯学総合研究科 口腔生命福祉学講座 佐久間 汐子

参考文献

  1. フッ化物応用研究会 編
    う蝕予防のためのフッ化物歯面塗布実施マニュアル
    社会保険研究, 2007.
  2. 日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会 編
    フッ化物ではじめるむし歯予防
    医歯薬出版, 2006.
  3. NPO法人日本むし歯予防フッ素推進会議 偏
    日本におけるフッ化物製剤
    口腔保健協会, 2013.