厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

喫煙 / 基礎知識

国際がん研究機関 / IARC

世界保健機構(WHO)の外部組織で、発がんのメカニズム、疫学、予防などを研究し、ヒトへの発がんリスクの判定を公表している。

産業医

事業場で、労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、指導・助言を行う医師のこと。

三次喫煙

タバコがないのに残留したタバコ煙の影響で健康被害を受けること。

受動喫煙

副流煙と呼出煙とが拡散して混ざった煙を吸わされてしまう、あるいは吸わせてしまうこと。一酸化炭素やニコチンの代謝物が、喫煙者と同じくらい検出されることがある。

世界保健機関 / WHO

世界保健機関(WHO)は、1948年4月7日に設置され、スイスのジュネーブに本部があり、加盟国は現在193カ国。
たばこについてはTFIという部門があり、またWHO初の公衆衛生での国際条約であるたばこ規制枠組条約がある。

低タールたばこ

一定の測定条件下で煙に含まれるタールの量が少なくなるよう、フィルター部分の工夫などにより調節されたたばこ。

能動喫煙

喫煙者本人がたばこの煙を吸い口から吸うこと。

米国公衆衛生総監報告 / SGR

議会の助言と同意を得て大統領により指名される、米国の公衆衛生についての連邦政府の筆頭発言者。

リスク因子

危険因子とも呼ばれる。
ある病気を引き起こす、あるいはある病気に付加的に働く因子のこと。