厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

身体活動(しんたいかつどう)

人が安静時よりも相応に多くエネルギーを使う営みの総称。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

運動指針2006(エクササイズガイド2006)において、身体活動・運動・生活活動は以下のとおりに定義されました。

  1. 「身体活動」:安静にしている状態より多くのエネルギーを消費する全ての営みのこと。
  2. 「運動」:身体活動のうち、体力の維持・向上を目的として計画的・意図的に実施するもの。
    例:ジムやフィットネスクラブで行うトレーニングやエアロビクスなど、テニス・サッカー・バスケなどのスポーツ、余暇時間の散歩や活発な趣味など。
  3. 「生活活動」:身体活動のうち、運動以外のものをいい、職業や家事活動上のものも含む。
    例:買い物・洗濯物を干す・子供と屋外で遊ぶなどの家事、通勤・営業の外回り・階段昇降・荷物運搬・農作業・漁業活動などの仕事上の活動など。

これらの関係は、身体活動=運動+生活活動とまとめることができます。
身体活動の簡便かつ客観的な方法として歩数の測定があります。歩数は活動強度の評価がされていませんが、国民健康・栄養調査でも採用されている簡便かつ再現性の高い身体活動の評価法です。過去10年間では、男性・女性とも約700歩ほど1日あたりの歩数が減っている、すなわち身体活動量が減少しています。