厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

メタボリックシンドロームと関連する病気

メタボリックシンドロームに由来する生活習慣病

内臓脂肪が増えると血糖・血中脂質・血圧を上昇させて、メタボリックシンドロームを起こします。すると様々な生活習慣病の原因になります。

糖尿病

メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気のひとつである「糖尿病」。内臓脂肪が増えると糖の代謝に異常が生じ、糖尿病を発症するリスクが高まります。

高血圧症

日本人の高血圧の最大の原因は、塩分のとりすぎです。若年・中年の男性では、肥満が原因の高血圧も増えています。飲酒・運動不足も高血圧の原因です。高血圧は喫煙と並んで、日本人にとって最大の生活習慣病リスク要因です。

脂質異常症

内臓脂肪が増えると、血液中の中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少を招き、動脈硬化を起こします。LDLコレステロールは内臓脂肪の蓄積との関係は弱いのですが、LDLコレステロールが高値になるとさらに動脈硬化が促進されます。

狭心症・心筋梗塞などの心臓病(虚血性心疾患)

メタボリックシンドロームによって動脈硬化が進行すると、虚血性心疾患を招く恐れがあります。代表的な虚血性心疾患(心臓病)には、狭心症と心筋梗塞があります。

脳血管障害・脳卒中

脳血管障害(脳卒中)には、脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の血管が破れる脳出血・くも膜下出血があります。いずれも高血圧が最大の原因です。

高尿酸血症

痛風の原因となる高尿酸血症は、内臓脂肪の蓄積によってもたらされる病気です。メタボリックシンドロームへのリスクを知るためにも尿酸値の検査結果に注目しておきましょう。