厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

高尿酸血症

痛風の原因となる高尿酸血症は、内臓脂肪の蓄積によってもたらされる病気です。メタボリックシンドロームへのリスクを知るためにも尿酸値の検査結果に注目しておきましょう。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

内臓脂肪が蓄積されると、脂肪細胞からたくさんの遊離脂肪酸が分泌されます。それが血流によって肝臓に運ばれると、プリン体の代謝が過剰になり、老廃物である尿酸がたくさんつくられるようになります。血液検査によって尿酸値が7mg/dl以上確認されると、高尿酸血症と診断されます。この状態が長時間続くと、痛風や尿路結石といった激痛を伴う病気になりやすくなります。

高尿酸血症の患者数は、現代では500万人以上と言われており、痛風患者の10倍以上です。その7割にメタボリックシンドロームの可能性があると言われています。
高尿酸血症が進行していくと、結晶となった尿酸が関節・足先や耳たぶなどにたまります。そしてその部分に炎症が起こり、激痛の痛風発作が起こります。また腎臓にたまって結石ができると背中に痛みが生じ、尿管や膀胱に移行するとその部分で炎症を起こし、激痛を生じます。

尿酸値は、メタボリックシンドロームの検査項目には含まれていませんが、内臓脂肪の蓄積状況を知るための目安とされています。検査で尿酸値が高いことが分かった場合、血圧や脂質・血糖の値なども調べて、メタボリックシンドロームや生活習慣病のリスクがないか調べることが肝心です。検査の結果で尿酸値のみが高い場合、生活習慣の改善のみで改善できる可能性があり、これによってメタボリックシンドロームの改善も期待されます。

高尿酸血症や痛風・尿路結石は、男性に圧倒的に多い病気です。女性は女性ホルモンによって尿酸値がコントロールされるため、高尿酸血症の女性患者は少ないとされていました。しかし食の欧米化や生活習慣の乱れによって、近年では女性患者も増加傾向にあります。女性ホルモンの分泌が低下する閉経後には、急速に増えていきます。

予防には、食事の量とともにすべての種類のアルコールの量を減らし、脂肪分の多い食事やプリン体の多い食事(タマゴ・魚卵・肉・魚・塩辛など)を控える、水分と野菜を多くとる、軽い有酸素性運動を行う、といった生活改善が必要です。
短距離走などの激しい無酸素性運動を行うと、細胞内のATP(高エネルギー化合物)が分解・消費が促進され、エネルギーが産出されるとともに尿酸が合成されます。この結果として急激に尿酸値が上昇しますので、ウォーキング程度の軽い有酸素性運動にとどめておく必要があります。またよく焼酎ならば大丈夫と考える人がいますが、アルコール自体に尿酸を高くする働きがありますので、すべての種類のアルコール類を控えることが大切です。

公益財団法人結核予防会 新山手病院 生活習慣病センター長 宮崎 滋

筑波大学 医学医療系 社会健康医学 講師 山岸 良匡