厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

脂質異常症

内臓脂肪が増えると、血液中の中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少を招き、動脈硬化を起こします。LDLコレステロールは内臓脂肪の蓄積との関係は弱いのですが、LDLコレステロールが高値になるとさらに動脈硬化が促進されます。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

血液中の脂肪値が高い状態を脂質異常症(高脂血症)と呼びます。血液中の脂肪分である血清脂質のうち、脂質異常症にかかわる成分は、コレステロールと中性脂肪です。コレステロールは、細胞膜やホルモンをつくるもととなる成分であり、主に悪玉と呼ばれるLDLコレステロール、善玉と呼ばれるHDLコレステロールの二種類があります。

メタボリックシンドロームの診断基準による脂質の項目では、HDLコレステロール値が40mg/dl未満、中性脂肪値が150mg/dl以上となっており、LDLコレステロール値は入っていません。内臓脂肪に蓄積される脂質は中性脂肪であり、その影響を受けて中性脂肪は高値に、HDLコレステロールは低値になりやすくなります。LDLコレステロールは内臓脂肪の蓄積とはあまり関係していないためです。
しかしLDLコレステロールはメタボリックシンドロームに関係なく、単独で強力に動脈硬化を進行させます。つまりメタボリックシンドロームとは別に、LDLコレステロールの値にも注意する必要があります。

肝臓でつくられたコレステロールは、脂肪分と結合したたんぱく質であるLDL(低比重リポたんぱく)に包まれて血液中に運ばれます。逆に全身の細胞や組織から出た余分なコレステロールは、HDL(高比重リポたんぱく)に包まれ血液を通じて肝臓に戻されます。血液中でLDLの量が多くなると余分なコレステロールが血管壁に付着します。これが動脈硬化の大きな原因となるのです。

一方で中性脂肪は身体のエネルギー源として利用されますが、残った中性脂肪は、全身の脂肪細胞や肝臓に蓄積されます。脂肪細胞中の中性脂肪から分離した遊離脂肪酸が脂肪細胞から血液中に放出されると、インスリンの正常な分泌が妨げられます。また、肝臓に蓄積されると脂肪肝になります。血液中に増加すると、HDLコレステロールを減らしてLDLコレステロールを増やし、動脈硬化を促進させるのです。

脂質異常症の診断基準では、空腹時の血液中にLDLコレステロール値が140mg/dl以上、HDLコレステロール値が40mg/dl未満、中性脂肪値が150mg/dl以上の場合に、脂質異常症と診断されます。

LDLコレステロールの高値の原因として、食事中の飽和脂肪酸のとり過ぎがあげられます。飽和脂肪酸は、肉の脂身(赤身ではなく白い部分)・バターやラード・生クリームなどに多く含まれます。また食事中のコレステロールもLDLコレステロールを高くします。食事中のコレステロールは、主にタマゴの黄身や魚卵から摂取されます。LDLコレステロールが高い人の多くは、これらを食べるのを控えることで、比較的容易にLDLコレステロールを下げることができます。

中性脂肪の高値の原因としては、カロリーのとりすぎ、特に甘いものや酒・油もの・炭水化物のとり過ぎがあげられます。砂糖の入ったソフトドリンクを飲む習慣のある人も多い傾向があります。これらを改めて運動や減量を行うことで、中性脂肪を下げることができます。また背の青い魚には、中性脂肪を下げる働きがあります。

HDLコレステロールの低値の原因は、肥満や喫煙・運動不足です。運動や減量・禁煙によりHDLコレステロールの上昇が見込まれます。また日本酒換算で1日に1合程度の飲酒は、HDLコレステロールを高くする働きがありますが、飲めない人は無理に飲むべきではありません。飲酒は1合からでも高血圧や肝障害を悪化させますので、これらの病気を指摘されている人にHDLコレステロールを上昇させるための飲酒を勧めることはできません。

公益財団法人結核予防会 新山手病院 生活習慣病センター長 宮崎 滋

筑波大学 医学医療系 社会健康医学 講師 山岸 良匡