厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

安全に運動を行なうために

運動時における事故発生とその対策

安全に運動を行なうためには、メディカルチェックで得られた結果を基に、身体状況や体力に応じた適切な運動プログラムを実践することが大切です。また運動前・運動中・運動後の注意点を理解し、運動時・運動後に起こりうる障害や事故についても知る必要があります。さらに万が一に備えて、日頃から緊急時の対応を確認しておく事が大切です。

事故・障害予防の対策

運動に伴う事故・障害を防ぐには、運動前に血圧などの値や体調を管理し、ウォーミングアップを必ず行うことが大切です。また運動中はいつもと違う症状や疲れに注意し、水分摂取を心がけます。運動後はクーリングダウンをしっかり行いましょう。