厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

村上 晴香 むらかみ はるか

立命館大学 スポーツ健康科学部 教授

担当カテゴリ: 身体活動・運動

広島女子大学家政学部卒業。筑波大学大学院体育研究科修了。博士(スポーツ医学)。
筑波大学にて助手、研究員、医薬基盤・健康・栄養研究所にて研究員、室長を経て、2020年より現職。身体活動や運動行動に関する研究を行っている。

身体活動を左右する遺伝子多型

身体活動レベルを増大させることは生活習慣病や心血管疾患のリスクを低減させます。しかしながらこの身体活動レベルや運動参加といったものには、一部遺伝的要因が関与していることがわかっており、現在どのような遺伝子の違い(多型)により、それが左右されるのかを調べる研究が行われています。

身体能力と遺伝(遺伝子多型)

持久的能力や筋力といった身体能力には、一部に遺伝的要因が関与していることが明らかとなっています。近年ではどのような遺伝子における違い(多型)が関与しているかが研究されており、今後遺伝子タイプによる種目の選択や、個人に適したトレーニング方法が提供されることができるようになるかもしれません。

有酸素性エネルギー代謝

ヒトが生命を維持するためには、生体内においてエネルギーを作り出すことが必要です。有酸素性エネルギー代謝は、そのエネルギー生成過程のひとつの経路で、主に脂肪酸をエネルギー源として利用します。このエネルギー代謝は、運動中においても重要な働きをしています。