厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

歯間部清掃(デンタルフロス・歯間ブラシ)

歯ブラシでは磨けない歯と歯の間の清掃には、デンタルフロスや歯間ブラシといった補助道具が便利です。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

歯ブラシによる清掃は、歯の表裏や噛み合わせの清掃には非常に有効な方法であるものの、歯と歯の間の清掃には十分ではありません。隙間の小さい歯間部清掃には、デンタルフロスが有効です。隙間のある歯間部清掃には歯間ブラシが便利です。

1. デンタルフロス

デンタルフロスは弾力のある細い束でできている、歯間に入れてプラークを繊維の束で巻き取るように取り除く道具です。糸だけのタイプとホルダーに糸が付いているタイプとがあります。下記にデンタルフロスの効果的な使用例をご紹介します。まず適当の長さに切り、歯に沿わせてのこぎりのように前後に動かしながら歯と歯の間に入れていきます。歯と歯の接触点を過ぎたら、まず手前の歯の歯肉の中に糸が隠れるくらい入れて、接触点まで歯面に沿わせて掻き出すようにします。続いて奥側の歯の歯肉の中に糸が隠れるくらい入れて、同様に接触点まで歯面に沿わせて掻き出すようにし、最後にまたのこぎりのように前後に動かしながら糸を取り出します。

デンタルフロスの使い方

1. のこぎりのように前後に動かしながら、歯と歯の間に入れていきます。

2. 手前の歯の歯肉の中に糸が隠れるくらい入れます。

3. 手前の歯面に沿わせて、接触点まで掻き出します。

4. 奥側の歯についても同様におこないます。

5. のこぎりのように前後に動かしながら糸を外します。

2. 歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯と歯の隙間の大きい場合には歯間ブラシを使います。歯や歯肉を痛めないために、隙間の大きさより少し小さめのものを選ぶようにします。歯と歯の間に優しく入れて、数回往復運動をします 。
歯間ブラシにはストレートタイプとL字型タイプがあります。L字型タイプは奥歯に使いやすく、ストレートタイプは前歯に使いやすいです。またストレートタイプの根もとの部分を折り曲げて角度を付ければどの部分にも使いやすくなります。

福岡歯科大学 総合歯科学講座 鈴木 奈央