厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

縄田 敬子

上手な外食の活用

外食とは、食堂やレストランなどの飲食店やファーストフード店・喫茶店・居酒屋・事業所給食などでの食事をさします。特に20代~40代歳の男性の外食の比率は高く、メタボリックシンドロームの予防のために外食店での栄養成分表示や食事バランスガイドの活用などをすすめる取り組みがされています。

コンビニエンスストアの活用

コンビニエンスストアは、24時間営業・年中無休の店舗が多く、早朝から深夜までいつでも飲料や食料品を購入することができ、勤務形態など生活時間の多様化している現在の日本においてはとても便利なお店です。私たちの食生活にも大きく関わっています。