厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

アルコールの吸収と分解

体内に摂取されたアルコールは、胃にあるうちはゆっくりと吸収され、小腸に入ると速やかに吸収されます。飲酒後の血中アルコール濃度は、食事の有無やアルコール飲料の種類と飲み方、体格や肝臓の大きさなどによって異なります。アルコールの代謝のほとんどは肝臓で行われ、その人の持つ酵素の遺伝子型や飲酒習慣が深く関わっています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

1. アルコールの吸収と分布

アルコールは胃にあるうちはゆっくりと吸収され、小腸に入ると速やかに吸収されます。そのため胃から小腸への排出時間が速いと、どんどん血液に入って血中アルコール濃度が高くなります。食事の有無やアルコール飲料の種類と飲み方によって、胃からの排出時間が異なるため、血中アルコール濃度も異なります。たとえば同じ量の純アルコールでも、食事しながらビールを飲むより、空腹時に高濃度少容量のウイスキーや焼酎をストレートで飲むほうが血中アルコール濃度はかなり高くなります。このような理由から、アルコールは食べながら飲むことや薄めて飲むことが推奨されるのです。

胃潰瘍や胃がんで胃を切除した人もすぐにアルコールが小腸まで流れ込むため、ビール1缶(350mL)相当の飲酒実験では胃切除前に比べて血中アルコール濃度が約2倍になると報告されています。

アルコールは体内の水分のある所に拡散して分布します。女性は平均的な体重も軽いうえに体脂肪率が高く総水分量が少ないので、男性と同じ量のアルコールを摂取すれば血中アルコール濃度が高くなります。肝臓の大きさにも個体差が大きく、飲酒後の血中アルコール濃度の個人差が大きい背景です。

汗をたくさんかいたり、水をたくさん飲んだりすると、アルコールが速くぬけると勘違いしている人もいます。確かに、わずかな量のアルコールは呼気(0.7%)、汗(0.1%)、尿(0.3~4%)からも排泄されますが、代謝のほとんどは肝臓で行われます。

2. アルコールの代謝

アルコールはアルコール脱水素酵素(alcohol dehydrogenase; ADH)とミクロゾームエタノール酸化系(microsomal ethanol oxidizing system; MEOS)によってアセトアルデヒドになり、アルデヒド脱水素酵素(aldehyde dehydrogenase; ALDH)によって酢酸になります(図)。ここまでは主として肝臓での代謝ですが、酢酸は筋肉などの肝臓外の組織で主に代謝されます。

肝臓の代表的なADHは、1A・1B・1Cの3種類の酵素でアルコール代謝の主役です。ADH1Bには遺伝子多型があり、5~7%の日本人はアルコールの分解が遅いADH1Bを持っています。非アジア系民族では90%以上がこの型です。遅い代謝の酵素を持つ人は、速い代謝の人と比べて、肝組織のADHの実測活性が1/5~1/6しかありません。この遅い代謝のADH1Bがあると、多量に飲酒した翌日もアルコールが長時間残って酒臭いことが多く、アルコール依存症になりやすい体質です。日本のアルコール依存症患者さんでは約30%の人がこのタイプです。長時間アルコールが残るだけでなく、アセトアルデヒドをゆっくり産生するので、顔面紅潮、動悸、嘔気、頭痛などの不快なフラッシング反応が起きにくいことも、多量飲酒者になりやすい理由です。しかし、不思議なことに、20g程度の飲酒実験ではADH1Bのタイプによる代謝速度に差がみられません。ある程度たくさん飲む習慣がついてから、ADH1Bのタイプによる代謝速度や飲酒習慣への影響が顕在化してくるのだろうと思われます。

もう一つのアルコール分解酵素群のMEOSでは、習慣的な飲酒を続けていると、特にチトクロームP4502E1(CYP2E1)と呼ばれる酵素が増えてきます。習慣的に飲んでいるとアルコールに強くなって飲めるようになる主な理由は、脳での耐性が進んでアルコールが効かなくなるためですが、もう一つの理由がこのCYP2E1が増えてアルコール代謝が速くなるためとされています。ADHはほろ酔い濃度で酵素の働きが最大になりますが、CYP2E1の働きは酩酊濃度(1mg/mL以上)で最大になります。習慣的な多量飲酒者では、酩酊濃度でのアルコール分解速度が速くなるのです。しかし、CYP2E1は数日の休肝日で酵素量が減り、1週間も飲まないともとに戻ってしまいます。このように、同じ人でもアルコール代謝の速度が速くなったり遅くなったりします。

図. 大酒家でアルコール代謝速度が速くなるメカニズム

大酒家でアルコール代謝速度が速くなるメカニズム

一般的には1時間で分解できるアルコールの量は「体重×0.1g程度」とされていますが、以上の説明からわかるように、酵素の遺伝子型に加えて飲酒習慣によっても代謝速度は大きく異なるので、酒好きの人の代謝速度は予測困難です。他にもアルコールの吸収や分解には多くの要因が関係しており、飲酒濃度にも影響(血中アルコール濃度が高い時は速やかに、低くなるとゆっくり分解)されることもあり、これより低いケースも多くあります。

ALDHのうちALDH2と呼ばれる酵素には、東アジア人に多い遺伝子多型で酵素活性がゼロか弱い人が大勢います。このALDH2欠損型の人はコップ1杯のビールで顔が赤くなるフラッシング反応が起こり、比較的少ない飲酒量で二日酔いを起こします。両親からの遺伝子が2本とも欠損型(ホモ欠損型)の人は、酵素活性がゼロで酒が飲めない下戸の体質です。1本だけの欠損型(ヘテロ欠損型)では、フラッシング反応が弱い人や飲んで鍛えているうちに耐性ができて飲めるようになる人もいます。このALDH2欠損型は2000~3000年前から漢民族を介して東アジアに拡散しました。縄文人と弥生人の2重構造がある日本では大陸からの移民と混血の歴史を反映し、ALDH2欠損型の人の割合は沖縄・九州南部・東北地方では30%台以下と少なく、九州北部や京都・大阪・愛知では50%前後と多いという地域差がみられます。

1970年代にはALDH2がヘテロ欠損型の人はあまりアルコールを飲まなかったと考えられ、国立病院機構久里浜医療センターのアルコール依存症病棟ではヘテロ欠損型の人は2.5%しかみられませんでした。その後、一気飲み、飲み放題、自動販売機やコンビニエンスストアでの販売などに象徴されるような飲酒に放縦な社会風潮の台頭とともに、ALDH2ヘテロ欠損の多量飲酒者が増加し、最近では16%程度のアルコール依存症の患者さんがヘテロ欠損です。下戸であるはずの完全欠損者もごくまれに入院してきます。ALDH2ヘテロ欠損型の多量飲酒者で発生する高濃度のアセトアルデヒドは、食道やのどへの発がん性があり、骨髄障害から貧血や白血球減少も起こすため、多量飲酒者での新たな問題となっています。

(最終更新日:2022年01月20日)

横山 顕 よこやま あきら

独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター 臨床研究部部長

参考文献

  1. 横山 顕.
    お酒を飲んで、がんになる人、ならない人.
    星和書店, 東京, 2017.