厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

飲酒(いんしゅ)

飲酒とは、アルコールを含む飲料を摂取すること。またその行為をさす場合もある。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

飲酒とは、アルコールを含む飲料を摂取することです。またその行為をさす場合もあります。

アルコールは人類が存在するはるか昔から自然界に存在したといわれています。自然界に存在した果物などが発酵して酒になっていたと推測されているからです。ちなみに人類の飲酒の起源は、一説では紀元前3000~4000年のメソポタミア文明と考えられています。また、日本で酒類が造られ始めたのは、米作が開始された弥生時代といわれています。以来、酒類は神事や祭祀をはじめとして色々な場面で様々な人々にたしなまれ、人類の歴史や文化と密接に関係し今日にいたっています。

今日たくさんの種類のアルコール飲料が広く販売され、昔は高価で貴重なものであった酒類がいとも簡単に手に入るようになったため、飲酒は人類の生活にとって大変身近なものとなっています。しかしながら過剰な飲酒は人類に対し健康障害や社会的な問題などの様々な悪影響を及ぼすことも知られています。そのため、未成年者の飲酒は法律で禁止されています。