厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

アルコール(あるこーる)

酒の主成分の1つであり「酔い」などの効果をもたらす。広義には酒そのものを指す。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

アルコールといえば酒そのものを指す言葉として流布しています。狭義では酒におけるアルコールとはエチルアルコール(C2H5OH、分子量46.07)のことを指します。
アルコールは穀類を酵母が代謝する過程(アルコール発酵)で生じ、人は古来よりこれを酒として飲用してきました。酒を飲んで生じる「酔い」の主体はこのアルコールの薬理作用です。アルコールは生体内では主に肝臓で代謝されます。