厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

喫煙と呼吸器疾患

基礎的疾患がない場合でも、喫煙は肺炎を含む急性の呼吸器疾患を引き起こす原因となります。成人において主要な呼吸器症状すべて(せき・たん・ぜいぜい・息切れなど)を引き起こし、喘息のコントロールを悪化させます。またCOPDの発生・COPDによる死亡につながるだけでなく、肺機能の発達障害、早期の低下傾向や低下の加速、妊娠中の喫煙によって乳児期の肺機能が低下する原因となるなど発達の段階から大きな悪影響が及ぼされます。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

「“もえかす”であるけむりを吸いこんで吐く」ということからも想像できるように、喫煙は呼吸器疾患に対して急性・慢性の影響が認められます。

まず急性の呼吸器疾患については、基礎的疾患がない場合でも、喫煙が肺炎を含む急性の呼吸器疾患を引き起こす原因になります。背景はまだ充分に明らかになっていませんが、ニコチンそのものによるT細胞の分裂の抑制、サイトカインの状態が変化し炎症を起こしやすい状態となる、免疫系のバランスが変化しTh2寄りとなる、など免疫系への影響が考えられています。つまり免疫系のバランスが変化することによって、感染しやすかったり炎症がおこりやすくなることによって、肺炎などの状態になりやすいという可能性が考えられています。

次に慢性の呼吸器疾患について、喫煙による酸化ストレスや炎症、タンパク質分解の調節バランスが崩れることなど、肺の組織を障害するような生体反応によって、気道と肺胞が障害される原因になります。もしこうした障害が続けば最終的には慢性閉塞性肺疾患の進行に通じていきます。

成人において喫煙は主要な呼吸器症状すべて(せき・たん・ぜいぜい・息切れなど)を引き起こす原因となります。それだけでなく喘息のコントロール悪化の原因にもなります。またCOPDの発生、COPDによる死亡、どちらも喫煙が引き起こす可能性があります。

喫煙は成人の肺機能の早期の低下傾向や低下が加速されることにつながります。ただし禁煙しすることによって、肺機能の低下は非喫煙者と同等、つまり通常の加齢現象としての低下と同等にまで復活します。つまりけむりを吸って吐くという習慣を続けることによって、けむりが気道や肺胞ひいては免疫系の細胞など広範に影響を与え、持続的に気道や肺胞の刺激・障害が続くわけです。さらに時には感染が拡がって肺炎や気管支炎などの状態にまで悪化し、炎症による組織の壊滅的な障害へと通じ、またこうしたプロセスが繰り返されることによって、最終的にはCOPDなど肺の組織と機能の不可逆的壊滅状態へと至っていくことになります。

呼吸器への影響については成人での検討だけでなく、妊婦の喫煙による胎児への影響から乳児期、小児期から思春期など、ヒトの発達段階への影響も検討されています。
妊娠中の喫煙は、乳児期の肺機能が低下する原因となります。また下部気道の病気にしばしばかかりやすくなり、小児期や成人期の呼吸機能の障害につながりやすい可能性が指摘されています。
小児期や思春期の喫煙により、肺の成長が障害される原因となります。また思春期末や成人早期においては、喫煙が肺機能低下を早する原因となります。当然これらは小児期や思春期における呼吸器症状(せき、たん、ぜいぜい、息切れなど)を引き起こします。また喘息に関連した症状(ぜいぜいすることなど)を引き起こす原因にもなります。

参考文献

  1. 米国公衆衛生総監報告書(2004年)
    CDC(Centers for Disease Control and Prevention) / 2004 Surgeon General's Report
    http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2004/