厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

特定健康診査の検査項目および検査値の意味

特定健診は、主に動脈硬化と関連の深い危険因子を調べる検査です。その検査項目は腹囲・BMI・脂質・血圧・血糖・喫煙習慣の有無です。それぞれの検査項目の意味について解説します。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

内臓脂肪型肥満になると、自覚症状のないままに血液中の脂質、血圧、血糖の値が上昇します。こうした要因が複合的に重なった状態をメタボリックシンドロームと言い、その状態が続くと動脈硬化が促進され、虚血性心血疾患脳血管障害などの病気の発生リスクが高まります。

では、特定健診の主な検査項目についてそれぞれ解説しましょう。

まずお腹周りのサイズを測りますが、これは内臓脂肪がお腹周りの内臓の周辺に蓄積されるからです。おへそを中心にした腹囲、男性85.0cm/女性90.0cmが基準値です。これらの値は腹部CT検査の内臓脂肪面積が100cm2以上(男女とも)に相当し、100cm2以上の場合、それ以下に比べて合併する疾患数が50%増加することにより定められた値です。
また特定健診の場合にはメタボリックシンドロームの診断基準より広いリスクを拾い上げるため、身長・体重測定からBMIも測定します。BMIで肥満とされる25が基準値です。

脂質の検査では、採血により中性脂肪値とHDLコレステロール値を調べます。血液中に中性脂肪値が増えてHDLコレステロールが減ると、LDLコレステロールを増やし間接的に動脈硬化を促進させるためです。ただし高LDLコレステロール血症は単独で動脈硬化を促進させる危険因子であるため、LDLコレステロール値はメタボリックシンドロームの検査項目にはあえて含まれていません。中性脂肪値150mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl未満(どちらか一方)が基準値であり、これは日本動脈硬化学会による脂質異常症の診断基準の値に準じており、メタボリックシンドロームの診断基準と同様です。

血圧の検査では、心臓が収縮したときに血管壁にかかる圧力である収縮期血圧(最大血圧)と、心臓が拡張したときに血管壁にかかる圧力である拡張期血圧(最小血圧)を測ります。この両方の血圧が高い状態を高血圧症と呼びます。血管の中に高い圧力で血液が流れると血管壁が傷つき、そこにLDLコレステロールなどが付着して血管壁が狭くなって、動脈硬化が促進されます。特定健診の基準はメタボリックシンドロームの診断基準と同様で、世界保健機関(WHO)と国際高血圧学会(ISH)による高血圧症の診断基準における正常高値の値に準じ、収縮期血圧130mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以上(どちらか一方)となります。

血糖の検査では、採血により血液中のブドウ糖の値(血糖値)を調べます。血糖値が高くなると膵(すい)臓からインスリンが過剰に分泌され、動脈硬化の原因をつくってしまうためです。メタボリックシンドロームの診断基準では、日本糖尿病学会による糖尿病の診断基準の境界型に準じた空腹時血糖値110mg/dl以上を基準値としていますが、特定健診ではより基準値を下げ、空腹時血糖値100mg/dl以上にしています。またこの値はHbA1c(グリコヘモグロビン)5.6%以上に相当するため、これも特定健診の基準値とし、どちらか一方が当てはまることが条件とされています。

また検査項目には喫煙習慣の有無も入ります。喫煙は、動脈硬化の進展や脳梗塞・心筋梗塞の発生リスクを高める原因になるためです。これらの基準値に当てはまった場合、特定保健指導の対象となる可能性があります。

これらの検査値には、要注意の段階から異常のマークがつくので、異常のマークがあったら、それに対するアドバイスをよく読んで下さい。「精密検査を受けて下さい」「治療を受けて下さい」というようなアドバイスがある場合には、健診結果を持って医療機関を受診してください。

公益財団法人結核予防会 新山手病院 生活習慣病センター長 宮崎 滋

筑波大学 医学医療系 社会健康医学 講師 山岸 良匡