厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

日本人の食事摂取基準(にほんじんのしょくじせっしゅきじゅん)

健康増進法(平成14年法律第103号)第16条の2に基づき厚生労働大臣が定めるものであり、国民の健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギー及び栄養素の量の基準を示すもの。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

現行の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」は、健康の保持・増進、生活習慣病の発症・重症化予防に加え、新たに高齢者の低栄養予防・フレイル予防も視野に入れて策定されています。食生活の変化や最新の研究成果などに基づき5年ごとに改定されており、2019年12月に報告書が公表されました。

食事摂取基準では、エネルギーや栄養素の「摂取量の範囲」を定めて、欠乏症だけではなく過剰摂取も防ぐことができるよう配慮されています。

それぞれの基準は、エネルギーについては「推定エネルギー必要量」、栄養素については、「推定平均必要量」、「推奨量」、科学的根拠が得られない場合の「目安量」、生活習慣病予防のため当面の目標とすべき摂取量やその範囲を示す「目標量」、とり過ぎることで健康を損なうことのない最大量を示す「耐容上限量」という指標が設定されています。

(最終更新日:2021年5月10日)

由田 克士

由田 克士 よした かつし

大阪市立大学大学院 生活科学研究科 食・健康科学講座 教授

博士(医学)、博士(栄養学)、管理栄養士、健康運動指導士。金沢医科大学病院栄養部、ノートルダム清心女子大学人間生活学部講師・助教授、独立行政法人国立健康・栄養研究所健康・栄養調査研究部室長(厚生労働省健康局栄養技官併任)等を経て、2010年4月より現職。地域・職域における栄養・食生活の改善、循環器疾患予防と栄養素摂取の関連、日本人の食事摂取基準の活用、食事評価法、出生時体重やその後の発達に関与する要因の検討などを研究テーマとしている。