厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

三好 美紀

三好 美紀 みよし みき

青森県立保健大学大学院 健康科学研究科 国際地域栄養研究室 准教授

担当カテゴリ: 栄養・食生活

博士(健康科学)、管理栄養士。2005年より13年間、独立行政法人国立健康・栄養研究所(現、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所)にて国際協力・連携事業を中心に担当した。2018年4月より現職。専門は公衆栄養学、国際栄養学。国内外の地域における栄養評価と食生活支援に関する調査研究を実施している。

肥満と健康

健康づくりにおいて、肥満の予防は重要な位置づけを持ちます。肥満度の判定にはBMI(Body Mass Index)が用いられますが、同じBMIでもどこに脂肪がついているかで健康への危険性は大きく異なります。肥満のタイプは「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」に分けられ、前者の方が生活習慣病を発症するリスクが高いことがわかっています。肥満の予防には、食生活の見直しと併せて継続的に運動を取り入れることにより、さらに効果が期待できるでしょう。