厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

早食いと肥満の関係 -食べ物をよく「噛むこと」「噛めること」

よく噛んで食べることは健康によいと言い伝えられてきましたが、最近行われた疫学調査により早食いの習慣がある人には肥満が多いことがわかってきました。「ゆっくりとよく噛むこと」は肥満対策のひとつとして期待されています。一方で歯を失うと「噛めない」状態になり、栄養摂取バランスの低下をきたします。食べ物をよく「噛むこと」「噛めること」は健康と密接なつながりを持っています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

早食いと肥満の関係

ゆっくりとよく噛んで食べることは健康のためによいと古くから言い伝えられてきました。一方で近年行われた疫学調査により、早食いが肥満と密接な関連を持っていることが明らかになってきました。

図1: 食べる速さとBMI(Body Mass Index)の関係[1]

食べる速さとBMI(Body Mass Index)の関係

【図1】は、愛知県内に住む35~69歳(平均年齢48歳)の成人(男性3,737人、女性1,005人)を対象とした疫学調査の結果で、食べる速さ(5段階の自己評価)と肥満度(BMI: Body Mass Index)の関連をみたところ、早食いの人は現在のBMIが高い傾向にあること、さらには20歳時点からのBMI増加量も高いことがわかりました。これらの傾向は他の要因(摂取エネルギー量・年齢・喫煙・身体活動・飲酒習慣)を調整しても統計的に意味のある差であることが認められています。

【図2】は、大阪府と秋田県に住む成人3,387人(平均年齢53.4歳)に対して行われた疫学調査の結果で、【図1】で示した「早食い」に加えて「おなか腹いっぱい食べる」か否かとBMIの関連が分析されました。その結果「早食い」の習慣を持つ人と「おなか腹いっぱい食べる」習慣を持つ人はBMIが高く、両方の習慣を持つ人はさらにBMIが高いことがわかりました。これらの傾向は他の要因(喫煙・運動習慣・職業・総エネルギー摂取量・食物繊維摂取量・地域)を調整しても統計的に意味のある差であることが認められています。

早食いの是正を図る方法 -ゆっくりとよく噛む(咀嚼法)

以上のことからもわかるように、ゆっくりとよく噛むことは肥満対策における行動療法のひとつとして「肥満治療ガイドライン」のなかで位置づけられ、「咀嚼法」と呼ばれています。この方法を実践することにより、BMIの減少効果に加えて健康への関心・不安緩和にも有効であったという報告もあります。
厚生労働省の検討会では、一口30回噛む習慣を奨める「噛ミング30(カミングサンマル)」運動を提唱しています。しかしながら食物を一口30回噛むことは必ずしも容易に実践できる習慣ではないので、もう少し手軽な実践方法の検討も求められ、様々な試みが行われているところです。

歯を失うと「噛めない」状態になる

また「噛む」ことに加え、「噛める」ことも大変重要です。【図3】は、年齢階級別における「何でもかんで食べることができる人」と「20歯以上の歯を持つ」人の割合を示したものです。それによると日本人の高齢者では歯の喪失が進み、70歳以上では食べ物をよく噛めない人が半数近くと、大変多いのが現状です。

図3: 「何でもかんで食べることができる人」と「20歯以上の歯を持つ」人の割合[6]

「何でもかんで食べることができる人」と「20歯以上の歯を持つ」人の割合

そして食べ物をよく噛めなくなると、硬い食品を避けるようになり、ミネラルビタミン食物繊維などの摂取量が低くなり、栄養摂取バランスの崩れにつながることがわかっています【図4】。

図4: 咀嚼に問題がある群の各種栄養摂取量[6]

咀嚼に問題がある群の各種栄養摂取量

以上のことから、食べ物を「よく噛むこと」「よく噛めること」は、健康づくりにとって大変重要であることがわかります。

国立保健医療科学院 地域医療システム研究分野 統括研究官 安藤 雄一

参考文献

  1. Otsuka R et al.
    Eating fast leads to obesity: findings based on self-administered questionnaires among middle-aged Japanese men and women.
    J Epidemiol. 2006; 16(3): 117-124.
  2. Maruyama K et al.
    The joint impact on being overweight of self reported behaviours of eating quickly and eating until full: cross sectional survey.
    BMJ. 2008 Oct 21; 337: a2002. doi: 10. 1136/bmj. a2002.
  3. 日本肥満症学会・肥満症ガイドライン作成委員会.
    肥満症ガイドライン2006.
    肥満研究2006; 12(臨時増刊号): 33-39.
  4. 安藤雄一, 花田信弘, 柳澤繁孝
    「ゆっくりとよく噛んで食べること」は肥満予防につながるか?.
    ヘルスサイエンス・ヘルスケア 2008; 8(2): 54-63.
    http://www.fihs.org/volume8_2/article8.pdf
  5. 厚生労働省
    歯科保健と食育の在り方に関する検討会報告書「歯・口の健康と食育~噛ミング30(カミングサンマル)を目指して~」
    http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/07/dl/s0713-10a.pdf
  6. 平成16年(2004年)国民健康・栄養調査報告 第4部 生活習慣調査の結果.第108表.
    http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou06/pdf/01-04.pdf