厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

食行動による問題点

食品による窒息

食品による窒息事故があとをたちません。毎年のように年末年始には高齢者のもちによる窒息事故のニュースが報道される一方、幼児を中心としてカップ入りゼリーによる死亡事故などがみられます。食品安全委員会では食品に関するリスク評価を実施中であり、その経緯などについて報道発表がなされました。また昨年末には重ねて「食べ物による窒息事故を防ぐために」を発表し、その中では応急手当を図入りで紹介して注意を促しています。

早食いと肥満の関係 -食べ物をよく「噛むこと」「噛めること」

よく噛んで食べることは健康によいと言い伝えられてきましたが、最近行われた疫学調査により早食いの習慣がある人には肥満が多いことがわかってきました。「ゆっくりとよく噛むこと」は肥満対策のひとつとして期待されています。一方で歯を失うと「噛めない」状態になり、栄養摂取バランスの低下をきたします。食べ物をよく「噛むこと」「噛めること」は健康と密接なつながりを持っています。