厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

8020運動とは

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動で、生涯にわたり自分の歯でものを噛むことを意味します。近年「8020」を達成している高齢者は増加していますが、高齢者全体が増えていますので、「8020」を達成していない高齢者も増加傾向にあります。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

8020運動とは

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動です。愛知県で行われた疫学調査の結果などを踏まえて、平成元年(1989年)に厚生省(当時)と日本歯科医師会が提唱して開始されました。

「8020」のうち、「80」は男女を合わせた平均寿命(注1)のことで「生涯」を意味します。
注1:日本人の平均寿命値(平成24年簡易生命表)は、男性79.9歳・女性86.4歳。平成元年当時は、男性75.9歳・女性81.8歳。

一方「20」は「自分の歯で食べられる」ために必要な歯の数を意味します。今までに行われた歯の本数と食品を噛む(咀嚼)能力に関する調査によれば、だいたい20本以上の歯が残っていれば、硬い食品でもほぼ満足に噛めることが科学的に明らかになっています。【図1】はその代表的な調査結果で、どの性・年齢層でも自分の歯が20本以上残っている人の咀嚼状況は良好であることがわかります。

歯の本数別にみた「何でもかんで食べることができる」人の割合[1]

歯の本数別にみた「何でもかんで食べることができる」人の割合

8020運動が提唱される前には、「一生自分の歯で食べよう」という標語がよく使われていましたが、「8020」はこれを「数値目標化」したものといえます。

「8020」の実態

8020運動が開始された当初、「8020」を達成している高齢者(後期高齢者:75歳以上)は10人に1人にも満たない状況でした。しかしその後「8020」達成者の割合は増加し、最近の全国調査(平成23年歯科疾患実態調査)では、後期高齢者の37%が達成してることが示され、今後も増加することが予測されています。

しかし高齢者人口は増え続けているので、「8020」に達していない高齢者の絶対数も増えています。高齢者の歯の状態は良くなりつつありますが、まだまだ困っている人が多いのが実状なのです。

【付記】
「8020」は社会全体または集団としての目標を示したものですが、個別の医療における目標ではありません。自分の歯を20本残したほうが良い場合もあれば、そうでない場合もあります。また義歯により、ある程度の咀嚼の回復は可能です。義歯でもきちんと噛めている人は健康状態が高いという調査結果もあります。
歯の治療(とくに義歯関係)をされる場合、「8020」を意識する必要はそれほど高くはありませんので御留意ください。

国立保健医療科学院 地域医療システム研究分野 統括研究官 安藤 雄一

参考文献

  1. 平成21年(2009年)国民健康・栄養調査報告
    http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/h21-houkoku.html
  2. 平成23年(2011年)歯科疾患実態調査
    http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/62-17.html