厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

平均寿命と健康寿命

2016年における我が国の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳であり、健康寿命とはそれぞれ約9年、約12年の差があります。国民一人ひとりの生活の質を維持し、社会保障制度を持続可能なものとするためには、平均寿命を上回る健康寿命の延伸を実現することが必要です。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

平均寿命と健康寿命の推移

平均寿命とは「0歳における平均余命」のことで、2016年の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳です[1]。一方、健康寿命とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のことをいい、2016年の健康寿命は男性72.14歳、女性74.79歳となっています[2]。2001年と比べてみると平均寿命も健康寿命も男女ともに延伸していますが、平均寿命と健康寿命の差は縮小していません【図1】。

平均寿命と健康寿命の差は日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味し、その期間は、2016年では男性8.84年、女性12.35年となっています【図2】。今後さらに平均寿命が延びたとしても、健康寿命との差が拡大すれば、不健康な期間が増大することを意味しますので、医療費や介護費の増加により家計や社会保障費に大きな影響が及びます。

図1.平均寿命と健康寿命の推移[2]

平均寿命と健康寿命の推移

図2.平均寿命と健康寿命の差(2016年)[1][2]

平均寿命と健康寿命の差(2016年)

健康寿命の延伸と平均寿命との差の縮小が重要

我が国の高齢化が急速に進む中、国民一人ひとりの生活の質を維持し、社会保障制度を持続可能なものとするためには、健康寿命の延伸とともに平均寿命との差を縮小することが重要です。

そこで国では、「健康日本21(第二次)」や「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンとする国民運動「スマート・ライフ・プロジェクト」[3]、「健康寿命延伸プラン」などでは、健康寿命の延伸が前面に出ていますが、もう一つの真の目標は平均寿命との差の縮小なのです。

(最終更新日:2022年01月11日)

佐藤 敏彦

佐藤 敏彦 さとう としひこ

青山学院大学大学院 社会情報学研究科 特任教授

1986年慶應義塾大学医学部卒業。米国ピッツバーグ大学公衆衛生大学院修了、同研究員、東京女子医科大学公衆衛生学講師、世界保健機関ジュネーブ本部「政策と情報のためのエビデンス」局サイエンティスト、北里大学医学部公衆衛生学教室准教授、同臨床研究センター教授を経て現職。一般社団法人ヘルスケア・データサイエンス研究所理事長(兼職)、厚生労働省「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」委員。専門は公衆衛生学、特に疫学、健康情報学。

参考文献

  1. 厚生労働省.
    平成28年簡易生命表の概況.
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life16/dl/life16-15.pdf
  2. 厚生労働省.
    令和2年版 厚生労働白書.
    https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/19/dl/all.pdf
  3. 厚生労働省.
    スマート・ライフ・プロジェクト.
    https://www.smartlife.mhlw.go.jp/