厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)

超少子高齢化社会においては健康寿命の延伸のみならず、平均寿命と健康寿命の差である「不健康な期間」を減らすことがさらに重要な課題です。不健康な期間の原因にはさまざまな疾患が関与していることから、2021年に新たな試みとして国立高度専門医療研究センター6機関が協働することにより単一疾患毎の予防ではなく、さまざまな疾患を「横断的に」予防するという観点から「健康寿命延伸のための提言」をまとめました。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

健康寿命延伸のための個人と社会的要因に関する目標

2017年度に、国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)6機関*による公衆衛生・予防医学分野の疾患横断的研究連携事業「電子化医療情報を活用した疾患横断的コホート研究情報基盤整備事業」が始まりました。この事業により、各ナショナルセンターが実施している健康な人を対象とした追跡調査(コホート研究)のデータを共有し、分析活用ができることになりました。今回の提言はその成果の一つと言えます。

2021年2月に公表された「疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)」[1]では、現在までの疫学的エビデンスに基づく健康寿命延伸のために必要な予防行動等について、個人とそれを取り巻く社会的要因に関する目標がまとめられています。さまざまな疾患を横断的に予防するための取り組みは、日本で初めての取り組みです。

*国立がん研究センター、国立循環器病研究センター、国立精神・神経医療研究センター、国立国際医療研究センター、国立成育医療研究センター、国立長寿医療研究センター

生活習慣など10項目について目標を提示

提言では、「喫煙」「飲酒」「食事」「体格」「身体活動」「心理社会的要因」「感染症」「健診・検診の受診と口腔ケア」「成育歴・育児歴」については「国民一人一人の目標」を、「健康の社会的決定要因」では「公衆衛生目標」を掲げています。具体的な内容は下表のとおりです。

今回の提言では、健康寿命延伸のために何をすべきかという「国民一人一人の目標」が示されましたが、どのぐらいやれば、「どの程度健康寿命が延伸できるか」「不健康な期間が短縮できるか」については言及されていません。今後、データをさらに利活用することにより、具体的な数値目標の設定に役立てることが期待されます。

表.疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)まとめ[1]

1

喫煙

●たばこは吸わない。
●他⼈のたばこの煙を避ける。

【国民一人一人の目標】
たばこを吸っている人は禁煙する。また、他人のたばこの煙を避ける。

2

飲酒

●節酒する。飲むなら節度のある飲酒を心がける。
●飲まない人や飲めない人にお酒を強要しない。

【国民一人一人の目標】
飲む場合は、1日あたりの飲酒量は、男性でアルコール量に換算して約23g程度(日本酒なら1合程度)、女性はその半分に抑える。休肝日を作る。寝酒は避ける。飲まない人や飲めない人にお酒を強要しない。

3

食事

年齢に応じて、多すぎない、少なすぎない、偏りすぎないバランスのよい食事を心がける。具体的には、
●食塩の摂取は最小限*1に。
●野菜、果物の摂取は適切に、食物繊維は多く摂取する。
●大豆製品を多く摂取する。
●魚を多く摂取する。
●赤肉*2・加工肉などの多量摂取を控える。
●甘味飲料*3は控えめに。
●年齢に応じて脂質や乳製品、たんぱく質摂取を工夫する。
●多様な食品の摂取を心がける。

*1男性7.5g/日未満、女性6.5g/日未満(厚生労働省日本人の食事摂取基準))
*2赤肉︓牛・豚・羊の肉(鶏肉は含まない))
*3砂糖や人工甘味料が添加された飲料)

【国民一人一人の目標】
年齢に応じて、多すぎない、少なすぎない、偏りすぎないバランスのよい食事を心がける。具体的には、食塩の摂取は最小限に、野菜・果物は適切に、食物繊維は多く摂取する。また、大豆製品や魚を多く摂取し、赤肉・加工肉の多量摂取を控え、甘味飲料の摂取は控える。年齢に応じて脂質や乳製品、たんぱく質摂取を工夫する。多様な食品の摂取を心がける。

4

体格

●やせすぎない、太りすぎない。
●ライフステージに応じた適正体重を維持する。

【国民一人一人の目標】
ライフステージに応じて、体格をその時々の適正な範囲で維持する。

5

身体活動

●日頃から活発な身体活動を⼼がける。

【国民一人一人の目標】
日頃から活発な身体活動を心がけ、現状より1日10分でも多く体を動かすことから始める。具体的な身体活動量の目安は、歩行またはそれと同等以上の強度の身体活動を1日60分行い、その中に、息がはずみ汗をかく程度の運動が1週間に60分程度含まれるとなおよい。また、高齢者では、強度を問わず、身体活動を毎日40分行う。

6

心理社会的要因

●心理社会的ストレスを回避する。
●社会関係を保つ。
●睡眠時間を確保し睡眠の質を向上する。

【国民一人一人の目標】
心理社会的ストレスをできる限り回避する。孤独を避け、社会関係を保つ。質の良い睡眠をしっかりとる。

7

感染症

●肝炎ウイルスやピロリ菌の感染検査を受ける。
●インフルエンザ、肺炎球菌を予防する。

【国民一人一人の目標】
肝炎ウイルスやピロリ菌の感染検査を受け、感染している場合には適切な医療を受ける。高齢者では、インフルエンザ、肺炎球菌のワクチン接種を受ける。

8

健診・検診の受診と口腔ケア

●定期的に健診を・適切に検診を受診する。
●口腔内を健康に保つ。

【国民一人一人の目標】
定期的に健診を受ける。科学的根拠に基づいたがん検診を、厚⽣労働省の指針*4で示された方法で受ける。口腔内を健康に保つ。
*4 がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針)

9

成育歴・育児歴

●出産後初期はなるべく母乳を与える。
●妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、巨大児出産の経験のある人は将来の疾病に注意する。
●早産や低出生体重で生まれた人は将来の疾病に注意する。

【国民一人一人の目標】
出産後初期はなるべく母乳を与える。妊娠中に妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群にかかった人や巨大児出産の経験のある人、早産や低出生体重で生まれた人は将来の疾病に注意する。

S

健康の社会的決定要因

●社会経済的状況、地域の社会的・物理的環境、幼少期の成育環境に目を向ける。

【公衆衛⽣⽬標】
個⼈の不健康の根本原因となっている社会的決定要因にも目を向け、社会として解決に取り組む。

(最終更新日:2022年01月11日)

佐藤 敏彦

佐藤 敏彦 さとう としひこ

青山学院大学大学院 社会情報学研究科 特任教授

1986年慶應義塾大学医学部卒業。米国ピッツバーグ大学公衆衛生大学院修了、同研究員、東京女子医科大学公衆衛生学講師、世界保健機関ジュネーブ本部「政策と情報のためのエビデンス」局サイエンティスト、北里大学医学部公衆衛生学教室准教授、同臨床研究センター教授を経て現職。一般社団法人ヘルスケア・データサイエンス研究所理事長(兼職)、厚生労働省「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」委員。専門は公衆衛生学、特に疫学、健康情報学。

参考文献

  1. 電子化医療情報を活用した疾患横断的コホート研究情報基盤整備事業(6NCコホート連携事業).
    疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)Ver. 1.0.
    2021年2月.
    https://www.ncc.go.jp/jp/cpub/division/cohort_research/project/6nc_cohort/6NC_20210219.pdf