厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

血栓溶解療法(けっせんようかいりょうほう)

薬を使って脳梗塞の血栓を溶かす療法。
t-PA(組織プラスミノーゲン活性化因子)が特効薬として期待されている。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

脳にある血管が詰まって起こる脳梗塞を、血栓を溶かし再び血液が流れるようにする薬を用いて治療する方法を血栓溶解療法といいます。

とくに2005年から健康保険の適用が認められて日本でも治療ができるようになった、t-PA(組織プラスミノーゲン活性化因子)は血栓を溶かす力が非常に強く、脳梗塞の特効薬として期待されています。脳梗塞発症3時間以内に静脈注射(点滴)で投与すれば、後遺症の発生も軽減できます。

ただし効果的に使用するにはいくつかの条件があります。まず脳梗塞を発症したらなるべく早く処置することです。脳梗塞は、発症して血栓が詰まり血液が流れなくなった部分から脳虚血となり、脳細胞は死んでいきます。治療するのが遅れて脳や血管が傷んだ後に再度血液が流れ出すと、新たに脳出血を引き起こす危険があります。またt-PAは全身に作用するので、ほかに出血しそうな部位があれば、そこから出血する可能性もあるので注意が必要となります。