厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

血管内治療(けっかんないちりょう)

細い管を血管に挿入し、脳や心臓・肝臓などの疾患まで延ばし血管内で治療する手術法。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

カテーテルという非常に細い管を足の付け根や肘の内側や手首の血管から挿入し、大動脈を通して脳や心臓・肝臓などの疾患を治療する手術法です。

皮膚を切ったり頭蓋骨を割ったりせずに治療ができるので、患者への身体的負担が少ないことから、1990年代以降急速に広まってきました。またカテーテルなどの道具や技術進歩も背景にあります。

血管内治療にはいくつか種類があります。ひとつは心筋梗塞や狭心症など動脈硬化によって細くなったり詰まってしまった血管を拡げて、血液の流れを良くする方法です。これは風船のついた細い管(バルーンカテーテル)を挿入し風船を膨らませるタイプや、ステントと呼ばれる金属製筒を血管の中に入れて血管を内側から拡げ支えるタイプなどがあります。

ほかには脳の動脈瘤や肝臓などにできた腫瘍へ至る動脈を、金属コイル・接着剤などを使って塞ぎ、瘤や腫瘍へ血液や栄養が行かないようにして、出血や腫瘍の増大を予防する方法があります。