厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

PM2.5と受動喫煙

PM2.5とは、大気中に浮遊する粒の大きさが2.5µm以下の微小粒子状物質のことを指します。たばこの煙も典型的なPM2.5です。
日本では、屋内の喫煙規制が国際的に遅れているため、たばこ煙による屋内のPM2.5が問題となっています。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

PM2.5とは、大気中に浮遊する小さな粒子のうち、粒の大きさが2.5µm以下の非常に小さな粒子(微小粒子状物質)のことを指します。草や木・化石燃料などの燃焼によって発生します。たばこの煙も典型的なPM2.5です。

PM2.5は非常に小さな粒子であるため、肺の奥深くまで入り込みやすく、肺をはじめ全身の炎症を引き起こします。そのためPM2.5の濃度が高い地域では、呼吸器・循環器疾患による死亡率が上昇することがわかっています。

大気中のPM2.5の濃度については、住民の健康を保護するために、環境省が「1年間の平均値が15µg/m3以下、かつ1日の平均値が35µg/m3以下」という基準を定めています。また2013年2月に環境省が設置した専門家会合では、都道府県などが外出を自粛するなどの注意喚起を行う目安を「1日平均値が環境基準の2倍である70µg/m3」と設定しました。[1]

大気中のPM2.5値が10µg/m3増えると、心臓や肺の病気の死亡率が9%、肺がん死亡率が14%、全死亡率が6%増えます。大気汚染はすべての住民に影響しますから、PM2.5がわずか10µg/m3増えるだけで、その地域の住民の死亡率が6%増えるという深刻な事態となります。

わが国では、大気汚染は大きく改善されたものの、屋内の喫煙規制が国際的に遅れているため、職場や公共空間でたばこ由来のPM2.5に曝露されていることが問題となっています。たとえば日本禁煙学会がとりまとめたファクトシート[2]によると、自由に喫煙可能な店でのPM2.5の値は約600µg/m3と、中国及び米国の大気汚染のリスク評価で「厳重汚染」とされている「250~500μg/m3[3]を超えるレベルとなっています。また不完全な分煙店では、禁煙席であっても汚染が環境基準を大きく上回る汚染があるため、改正健康増進法の施行による改善に期待がもたれます。

(最終更新日:2019年6月18日)

中村 正和

中村 正和 なかむら まさかず

公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター センター長

1980年自治医科大学卒業。労働衛生コンサルタント、日本公衆衛生学会認定専門家、厚生科学審議会専門委員、日本学術会議連携会員。専門は予防医学、健康教育、公衆衛生学。研究テーマはたばこ対策とNCD(生活習慣病)対策。厚労科研研究班代表者として、たばこ政策研究に従事。研究成果をもとに禁煙治療の保険適用、たばこ価格政策、健康日本21における喫煙の数値目標の設定、特定健診における禁煙支援の強化等の政策実現に貢献。

参考文献

  1. 微小粒子状物質(PM2.5)に関する専門家会合
    最近の微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染への対応
    2013.
  2. 日本禁煙学会
    受動喫煙ファクトシート2
    2010.
  3. 外務省
    海外安全ホームページー中国における大気汚染に関する注意喚起(更新)
    2016.