厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

たばこの煙と受動喫煙

たばこの煙には、喫煙者が吸う「主流煙」、喫煙者が吐き出した「呼出煙」、たばこから立ち上る「副流煙」があり、受動喫煙ではこれらが混ざった中古の煙を吸わされていることになります。煙に含まれる発がん性物質などの有害成分は、主流煙より副流煙に多く含まれるものがあり、マナーという考え方だけでは解決できない健康問題です。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

たばこの煙は「紫煙」と表現されたりしますが、火がついた部分から立ち上る煙のことを「副流煙」といいます。フィルターなど吸い口から喫煙者が吸い込む煙を「主流煙」といいます。喫煙者が吸って吐き出した煙を「呼出煙」といいます。空気中には、これらの発生源の異なる煙が混ざって漂うことになりますが、そういう煙を海外では「中古の煙(セカンドハンドスモーク / SHS: Second hand smoke)」と呼んでいます。そしてそれを吸うことを「受動喫煙」といいます。

受動喫煙とは、文字通り「受け身」の「喫煙」です。自分がたばこに火をつけて吸うのではなくても、他人の吸っているたばこの煙を吸ってしまうことが「受動喫煙」です。健康増進法第25条では「室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること」と定義されています。

受動喫煙の健康被害については「受動喫煙 – 他人の喫煙の影響」にまとめてありますが、そもそも「煙」とはどのようなものなのでしょうか。

たばこの煙は粒子成分とガス成分の2種類に大別されます。粒子成分には4,300種類、ガス成分には1,000種類もの化学物質が含まれ、そのうちにいくつかは粒子成分とガス成分の両方に含まれると報告されています。たばこの煙に含まれる成分は、たばこの葉そのものに含まれるものと、乾燥や加⼯・製造の過程で⽣成・添加されたもの、さらに、それらが燃焼する際に⽣成されるもので構成されており、喫煙や受動喫煙ではこれらが合わさったものをまとめて吸い込んでいることになります。

表. たばこ1 本に含まれる化学物質の重量主流煙及び副流煙の比率[1]

成分

副流煙/主流煙比*

一酸化炭素

3.4-21.4

ニコチン

2.8-19.6

タール 

1.2-10.1

カルボニル類

ホルムアルデヒド

6.2-121.4

アセトアルデヒド

2.2-14.4

アセトン

2.5-11.5

アクロレイン

4.3-29.0

プロピオンアルデヒド

2.4-14.6

クロトンアルデヒド

3.7-20.8

メチルエチルケトン

2.3-14.3

ブチルアルデヒド

2.3-8.6

窒素酸化物

一酸化窒素

15.8-61.3

窒素化合物

16.3-64.6

アンモニア

294.2-2,565.5

揮発性有機化合物

1,3-ブタジエン

6.3-43.0

イソプレン

6.0-37.4

アクリロニトリル

10.5-88.6

ベンゼン

8.2-42.0

トルエン

10.9-68.8

ベンゾ[a]ピレン

7.6-48.8

 たばこ特異的ニトロソアミン類

NNN : N -ニトロソノルニコチン

0.8-3.7

NAT : N -ニトロソアナタビン

0.4-1.9

NAB : N-ニトロソアナバシン

0.7-1.6

NNK : 4-(メチルニトロソアミノ)
-1-(3-ピリジル)-1-ブタノン

1.9-4.9

*市販たばこ7種類での最小値-最大値

表は、主流煙と副流煙に含まれる有害化学物質の含有量を比較したものです。副流煙/主流煙比が1より大きいものは、主流煙よりも副流煙にたくさん含まれているという意味になります。なお、たばこの銘柄別にみても、すべての銘柄で副流煙の方が主流煙より多くの有害化学物質を含んでいます。低タール・低ニコチンたばこの方が、主流煙の化学物質量が低いためにこの比率が高くなる傾向が認められています。

室内環境下での喫煙は、副流煙に含まれる有害化学物質が一気に室内空気に拡散し、喫煙者を含む多くの人の健康に影響を及ぼすことがわかります。

(最終更新日:2018年06月08日)

参考文献

  1. 厚生労働省
    喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書
    2016.
    http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000135586.html