厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

口腔機能の健康への影響

口腔機能は、食べることやコミュニケーションにかかわる重要な役割を果たします。口腔機能が低下すると食物の種類が制限されるので、免疫力の低下から病気にかかりやすくなります。また食事や会話に支障をきたすと人との付き合いがおっくうになります。そのため家に閉じこもりがちになると、身体的にも精神的にも活動が不活発になり、高齢者では寝たきりや認知症の引き金ともなります。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

口腔機能とは  口腔機能は「咀嚼(かみ砕く)・嚥下(飲み込む)・発音・唾液の分泌など」に関わり、その役割を大別すれば、「1.食べる、2.話す」となります。要するに人が社会のなかで健康な生活を営むための原点ともいうべき機能です。

高齢者の健康とは

高齢になれば、病気や障害から完全に逃れることは通常は不可能です。また生理的老化によっても様々な問題が生じます。したがって健康な高齢者のイメ-ジとしては、いくつかの病気や障害を抱えながらも日常の活動には何ら支障のない状態が浮かんできます。つまり高齢者の健康の特徴は「病気や障害がない」ことよりもむしろ「いきいきと活動する=活動性が高い」ことに重点が置かれる点にあります。

口腔機能と健康との関係は

高齢者の活動性が低下する要因は2つあります。

ひとつは「身体機能の衰え」です。口腔機能が低下すると食物の種類が制限されるので、栄養の偏りやエネルギー不足になりがちです。その結果、筋力や免疫力の低下が起こります。筋力がおちると運動機能が低下し活動も不活発になります。また免疫力が低下すると様々な病気にかかりやすくなります。特に肺炎などの感染症にかかると、高齢者ではそれがもとになって寝たきりになる場合もあります。

もうひとつの重要な要因は「人との交流の機会を失うこと」です。交流の場は役割活動であったり趣味活動であったりします。これらの活動のなかで人との交流が生まれますが、そのためには人と楽しく食事をし、コミュニケーションするための口腔機能を維持することが不可欠です。とりわけ「食べる」ことは、それ自体が生きがいになるとともに、社会とのつながりが徐々に薄れる高齢者にとって、誰かと食事を共にすることが人間関係を豊かにする場を提供する重要な機会でもあります。逆に食事や会話に支障をきたすと、外出や人との付き合いがおっくうになり、家に閉じこもりがちになります。不活発な生活が長く続くと、体力とともに脳も衰え、認知機能の低下にもつながります。寝たきりや認知症にいたる原因の多くが家の中での閉じこもりにあるのはそのためです。

このように高齢者が身体的、精神的、さらには社会的にも健康な生活をおくるためには口腔機能を維持することが欠かせないのです。

東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 寺岡 加代

参考文献

  1. 柴田博 編
    老人保健活動の展開
    医学書院, 1992.
  2. 竹内孝仁
    閉じこもり症候群
    介護予防研修テキスト、介護予防研修に関するテキスト 等調査研究委員会編, 厚生労働省老研局計画監修, 社会保険研究所, 2001.