厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

三大(五大・六大)栄養素(さんだい(ごだい・ろくだい)えいようそ)

食物中に含まれる身体に必須の成分のうち、炭水化物・たんぱく質・脂質の総称。
五大ではビタミンとミネラルがこれに加わり、六大では食物繊維もしくは水が加わる。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

人間の身体になくてはならない栄養素のうち、特に重要なものと位置づけられている「炭水化物・たんぱく質・脂質」を『三大栄養素』と呼んでいます。
三大栄養素に比べ身体に必要とされる量が少ないという違いがありますが、「ビタミン・ミネラル」のふたつを加えたものを『五大栄養素』と呼びます。
また第六の栄養素として「食物繊維」や「水」を加える考え方もあります。

なお「栄養素」とは、食べ物の中に含まれているさまざまな物質のうち人間の身体に必要不可欠な成分のことをいいます。
「栄養」という言葉は、体内に取り入れた栄養素を処理して活用する過程のことを指しますので、栄養素とは区別して用いられます。