厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

健康運動指導士(けんこううんどうしどうし)

個々人の心身の状態に応じた安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成と指導をする者。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

健康運動指導士の養成事業は、昭和63年から厚生大臣の認定事業として生涯を通じた国民の健康づくりに寄与する目的で創設され、生活習慣病を予防し健康水準を保持・増進する観点から、財団法人健康・体力づくり事業財団により進められてきました。約20年間の養成の結果、平成19年7月現在までに12,000近くの人材が養成され、登録されています。

現在、指導士の約6割は、フィットネスクラブ・医療機関・老人福祉施設・健康増進施設等に就業し、健康づくりに関連する業務に従事しています。指導士の役割は、個々人の心身の状態に応じた安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成と指導であり、健康運動実践指導者と連携して健康づくりのための運動を支援することにあります。

平成18年6月の医療制度改革においては、生活習慣病予防が生涯を通じた個人の健康づくりだけでなく、中長期的な医療費適正化対策の柱の一つとして位置づけられており、今後展開される本格的な生活習慣病対策(いわゆる特定保健指導)においては、一次予防に留まらず二次予防も含めた健康づくりのための運動を指導する専門家の必要性が増しており、健康運動指導士への期待がますます高まっています。

このような社会的ニーズの変遷に対応するために、平成19年度から健康運動指導士の養成カリキュラム・資格取得方法等に至る大幅な見直しが計られました。これにより健康運動指導士はハイリスク者も対象にした安全で効果的な運動指導を行なうことのできる専門家を目指す上でまず取得すべき標準的な資格であると位置付けられました。