厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

歯の喪失の原因

歯を失う二大原因はむし歯と歯周病で、その割合は同じくらいです。一般的に歯は奥歯から失われる傾向にあり、比較的若いうちはむし歯で失われる場合が多いのですが、残った歯が少なくなるにつれて歯周病で失われる歯が多くなります。喪失に至るリスクの高い歯は、未処置歯のむし歯・クラウン(冠)装着されている歯・部分義歯の針金がかかる歯(鈎(こう)歯)・歯周疾患が進行している歯などです。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

歯の喪失を防ぐためには、どのような原因で歯が失われていくかを知る必要があります。ここでは抜歯直前の状態に関する調査や追跡調査から得られた主な疫学的知見を紹介します。

抜歯の原因は?

ほとんどの歯は歯科医院での抜歯処置を経て喪失に至ります。歯周病が進行して歯がグラグラになり自然に脱落する歯もありますが、歯が失われる場のほとんどは歯科医院と考えて差し支えないと思います。そこで歯科医院で抜歯される歯の直前の状態を調べることにより、歯が失われる原因を明らかにすることができます。

【図1】は2005年に全国2000余の歯科医院で行われた全国抜歯原因調査結果です(円グラフは全年齢、棒グラフは年齢階級別)。歯が失われる原因で最も多かったのが「歯周病」(42%)で、以下「むし歯」(32%)、「その他」(13%)、「破折」(11%)、「矯正」(1%)の順でした。このうち「その他」は大半が智歯(親知らず)の抜歯で比較的若い時期に抜歯されます。また「破折」の多くは、外傷など物理的に非日常的な大きな力が作用したものではなく、無髄歯(神経をとった歯)と考えられるので原因は「むし歯由来」とみなすことができます。
抜歯原因を年齢階級別にみますと、「歯周病」と「破折」による抜歯は中高年、「その他(多くが智歯)」と「矯正」は若い年代に多く、「むし歯」はどの年齢層でも多くなっています。

図1: 抜歯の主原因(全体)と抜歯の主原因別にみた抜歯数(年齢階級別、実数)[1]

抜歯原因に関する基礎統計量

どの歯が喪失しやすいか?

全国抜歯原因調査と同じ年に行われた歯科疾患実態調査による歯ごとの喪失状況を年齢階級別にみると、全体的に歯は奥歯から失われる傾向にあり、上あご(上顎)よりも下あご(下顎)で顕著です【図2】。たとえば下顎の第一大臼歯(六歳臼歯)に注目すると、50歳前後(45~54歳)で既に4分の1が失われています。奥歯が失われると、その前方にある歯は噛み合わせを支持する力が弱いので、より失われやすくなるという悪循環を生んでしまいます。いわゆる「出っ歯」の多くは、もともと歯並びが悪い場合もありますが、その多くは歯周病で奥歯が失われて前歯にかかる負担が大きくなったために、歯が傾いてグラグラの状態になってしまった場合が多いのです。

図2: 各歯を有する人の割合(年齢階級別)[5]

各歯を有する人の割合

喪失リスクの高い歯とは?

今までに行われた疫学研究をまとめますと、以下のような歯は喪失に至るリスクが高いことがわかっています。

  • 未処置歯のむし歯
  • クラウン(冠)装着されている歯
  • 部分義歯の針金がかかる歯(鈎歯)
  • 歯周疾患が進行している歯

なおこのうち「クラウン(冠)装着されている歯」は、この治療法そのものが喪失を高めるということではありません。この治療が施された歯は、無髄歯(神経をとられた歯)である場合が多いため歯の根の先(根尖(こんせん)部)に病変が残っていたりする場合が多いためです。むし歯が進んで神経をとったり(抜髄)・根の治療(根管治療)が行われるようになると、歯は相当のダメージを受けたことになります。このような状態に至らないようにすることが、歯の喪失を防ぐうえで非常に重要といえます。

国立保健医療科学院 地域医療システム研究分野 統括研究官 安藤 雄一

参考文献

  1. 安藤雄一, 相田潤, 森田学, 青山旬, 増井峰夫.
    永久歯の抜歯原因調査報告書
    東京: 8020推進財団; 2005.
    http://www.8020zaidan.or.jp/pdf/jigyo/bassi.pdf
  2. Aida J, Ando Y, Akhter R, Aoyama H, Masui M, Morita M.
    Reasons for permanent tooth extractions in Japan.
    J Epidemiol. 2006 16:214-9.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16951541
  3. 安藤雄一, 葭原明弘, 清田義和, 宮﨑秀夫.
    成人における歯の喪失リスク要因に関する研究 : 地域住民を対象とした3年間の縦断調査
    口腔衛生学会雑誌 51(3), 263-274, 2001.
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110004017899
  4. 樋浦健二, 葭原明弘, 宮崎秀夫.
    パノラマX線を用いた高齢者の辺縁部および根尖部歯周組織健康状態に関する研究
    口腔衛生会誌, 53(2): 130-136、2003.
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110004015101
  5. 厚生労働省
    平成17年(2005年)歯科疾患実態調査 調査の結果(統計表)
    http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/62-17c.html