厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

フッ化物応用(ふっかぶつおうよう)

フッ化物の補充剤として経口的に摂取すること。飲料水中フッ化物濃度と年齢により投与量が決められている。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

錠剤、粒剤、滴下剤(液剤)があります。全身応用の一種ですが、局所的な効果を獲得するために錠剤や粒剤のものは、飲み込む前に1~2分間口の中でなめたり、かみ砕いたりすることが薦められています。

なお、歯のフッ素症のリスクを回避するために、地域の飲料水中フッ化物濃度と年齢により処方量が決められています。米国歯科医師会(1994年)の投与基準量は、飲料水中フッ化物濃度が0.3ppm未満の地域では、年齢6ヵ月~3歳では0.25mg、3~6歳では0.5mg、6歳以上では1.0mgとされています。