厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

アルコールのカロリー(あるこーるのかろりー)

アルコールは1グラムあたり7.1キロカロリーを生じるが、体に蓄えられないことからエンプティーカロリーとも言われる。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

アルコールは1グラムあたり7.1キロカロリーを生じます。アルコール飲料に含まれるアルコールの量はアルコールの濃度によりますが、ビールのレギュラー缶(350ml)1本には14グラム程度のアルコールが含まれます。これだけですと14×7.1=99.4キロカロリーになりますが(実際のビールでは銘柄によって異なります)、1本あたり140~180キロカロリー程度が含まれているようです。これはビールにはアルコール以外にもミネラルやビタミン群などが含まれていてそれらのカロリーによるものです。

アルコール自体のカロリーは糖質、脂質、たんぱく質といった他の栄養素と異なり体に蓄えられることのないカロリー(いわゆるエンプティーカロリー)といわれます。吸収されたアルコールは体に蓄えられる代わりに熱になり、酸素消費量が増えてエネルギーが消費されることになります。従って実際に利用されるカロリーは体内に入ったアルコールの70%程度、すなわちアルコール1グラムあたり5キロカロリー程度ではないかと言われています。