厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

ウエスト周囲径

へその高さで計る腰回りの大きさ。内臓脂肪の蓄積の目安とされ、メタボリックシンドロームを診断する指標のひとつ。

▼【ウエスト周囲径】に関連する記事一覧

メタボチェック 腹囲の測り方

誰もが簡単にできるメタボリックシンドロームのチェック方法、腹囲の正しい測り方を紹介します。

子どものメタボリックシンドロームが増えている

メタボリックシンドロームの予防は、成人のみが取り組むべき課題ではありません。近年では小児肥満が深刻化し、メタボリックシンドロームとの関連が問題視されています。そこで新たに小児期メタボリックシンドロームの診断基準が設けられ、早期発見・早期予防の取り組みが求められるようになりました。

特定健診・特定保健指導の実際

特定健診ではウエスト周囲径の測定をとり入れ、メタボリックシンドロームの診断が行われます。健診結果にもとづき、メタボリックシンドロームの人には「積極的支援」、その予備群には「動機づけ支援」、さらにリスクのない人を含むすべての受診者に「情報提供」が行われます。

特定健診・特定保健指導とは

「特定健診・特定保健指導」では、ウエスト周囲径などを測定してメタボリックシンドロームのリスクを洗い出し、リスクの多い人たちに積極的な保健指導を行います。これは生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドロームの人に生活改善を促し、生活習慣病を予防しようという考えから行われるものです。

なぜ男性85cm、女性90cmなの?

内臓脂肪面積が100cm2を超えると、高血糖・脂質異常・高血圧の合併率が高くなります。しかし正確に調べるためのCT検査はどこでも簡便に行えるものではないため、スクリーニングとしてウエスト周囲径が採用されました。内臓脂肪面積100cm2に相当するウエスト周囲径として、男性85cm/女性90cmと決められています。

メタボリックシンドロームの診断基準

日本では、ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm女性90cmを超え、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2つに当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

メタボリックシンドロームとは?

内蔵肥満に高血圧・高血糖・脂質代謝異常が組み合わさり、心臓病や脳卒中などの動脈硬化性疾患をまねきやすい病態です。単に腹囲が大きいだけではメタボリックシンドロームにはあてはまりません。