厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

カルシウム

人体に最も多く含まれるミネラルであり、骨や歯を形成する。

▼【カルシウム】に関連する記事一覧

ストレスと食生活

急性ストレスでは交感神経が働き、食欲を抑えます。慢性ストレスではストレスホルモンにより脂肪が貯め込まれるため肥満になりやすいですが、逆に痩せる人もいます。やけ食い・無茶食いは手軽なストレス解消法ですが、過ぎないことが大切です。カルシウムは脳の興奮を抑えますが、カルシウム不足=イライラに直結はしません。

骨粗鬆症の予防のための食生活

食生活を含めた生活習慣の改善が骨粗鬆症(osteoporosis)の予防につながります。食生活ではカルシウム摂取量の不足とならないように心がけながら、1日3回規則正しくバランスのとれた食事を実践することが重要です。

牛乳・乳製品

牛乳・乳製品はカルシウムの供給源として、その含有量だけでなく吸収率においても優れた食品です。牛乳・乳製品を適量摂取することによりカルシウムの摂取量を増やすことが、骨粗鬆症(osteoporosis)の予防につながります。

特保(特定保健用食品)とは?

市場にはいわゆる「健康食品」と呼ばれる食品が数多く流通しており、「サプリメント」「栄養補助食品」「栄養強化食品」「健康飲料」などその表示は様々です。しかしながらこれらの表示はどれも法令上の定義はなく、また国による審査・認可や規格基準の設定も行なわれていません。国によって健康や栄養に関する表示が制度化されている食品としては「特保(特定保健用食品)」「栄養機能食品」「特別用途食品」があります。ここでは特保(特定保健用食品)を中心に概説します。