厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

統合失調症(とうごうしっちょうしょう)

原因不明で幻覚、妄想、まとまりのない思考や行動、意欲の欠如などの症状を示す精神疾患。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

幻覚や妄想、挙動不審、意欲の欠如などの症状を伴う病気で、本人が病気であることを自覚していません。罹患率も平均100人に1人と高く、思春期から青年期に初発する場合が多いです。精神機能の統合が乱れている状態を指し、以前は「精神分裂病」とも呼ばれていました。

統合失調症は、妄想や幻覚が主体の妄想型、感情や意欲の障害が主体の破瓜(はか)型、興奮と昏迷が主体の緊張型の3つに大きく分類されます。

症状は「陽性症状」と「陰性症状」に分けられます。
陽性症状には、幻覚や妄想だけではなく、会話や行動にまとまりがなくなったり、突然興奮して叫ぶなどの症状があります。
反対に陰性症状には、周囲に無関心になったり、意欲や集中力が落ちるといった症状があります。
これらの症状は、周りからは理解が得にくく、怠慢などのさまざまな誤解を受けることがあります。

統合失調症の原因は、一説では脳の神経伝達物質のバランスが崩れて混乱することが関係しているとも言われていますが、今のところ明らかにはなっていません。

治療には個人差がありますが、主に抗精神病薬による薬物療法を行います。抗精神病薬を飲んで妄想や幻聴などが消えたとしても、勝手に飲むのをやめると再発のおそれが出てくるので、継続して治療する事が大切です。その他、精神療法やリハビリテーションなども活用することで日常生活にもどれるようにします。