厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

メタボリックシンドローム改善のための基本戦略

メタボリックシンドロームの改善には、まずは体重の5%を減量することを目標としましょう。それだけで内臓脂肪は減りますし、高血圧・高血糖・脂質異常も改善し、アディポサイトカインの分泌も正常に近づきます。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

メタボリックシンドロームを引き起こすおおもとの原因は内臓脂肪蓄積です。たまった内臓脂肪から放出される脂肪が増加するために脂質異常をおこし、内臓脂肪から分泌されるアディポサイトカインの分泌異常をきたすために、血糖が増加したり血圧が上昇して、動脈硬化の危険が高まるのです。

そして、この内臓脂肪蓄積を引き起こす最大の原因が、過食と運動不足であることは間違いありません。ですからメタボリックシンドロームを改善・予防するには、過食と運動不足を解消して、内臓脂肪を減らすことが大切です。過食になりがちな食生活を改めて、積極的に体を動かし適度な運動を日常生活にとりいれる、この2点がメタボリックシンドローム改善の柱になります。

さいわい内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、増加しやすいけれど減りやすいという特徴があります。食事量を減らすだけでも、運動量を増やすだけでも、比較的容易に減少していきますが、このふたつを併せて行うのがより効果的です。

メタボリックシンドロームの改善にはそれほど厳しい目標設定は必要ありません。まずは現体重の5%を3-6ヵ月かけて減量することを目標にしましょう。標準体重まで無理に減量することはありません。たとえば体重80kgの人であれば5%の4kgを3-6ヵ月で減量すればいいのですから、1ヵ月に1kg減らせば十分です。それだけでも血圧・血糖血清脂質の値や、アディポサイトカインの分泌の改善が見込まれます。それが達成できれば、今よりもずっと自信がついているはずです。その時点で次の目標を設定し、徐々に血圧・血糖・血清脂質を改善していきましょう。

この目標を確実に達成するためには、現在のメタボリックシンドロームの状態が、今はなにも症状がなくても動脈硬化の危険度が高い状態にあり、これを改善することが重要であることをよく認識することが肝心です。

公益財団法人結核予防会 新山手病院 生活習慣病センター長 宮崎 滋

筑波大学 医学医療系 社会健康医学 講師 山岸 良匡