厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

腹部大動脈瘤

腹部の大動脈が血管壁が弱くなっているところに血圧などで圧力が加わり膨らんでしまい、瘤のような状態になる病気。

▼【腹部大動脈瘤】に関連する記事一覧

喫煙と循環器疾患

喫煙が原因と言い切れる循環器疾患については、前臨床段階(症状や発病する前の段階の病変がある段階)の動脈硬化・冠状動脈疾患・脳卒中・腹部大動脈瘤が挙げられています。喫煙によって血管の壁が損傷を受けて細胞の機能不全につながり、血液の成分も血栓形成に傾き、酸素運搬能が低下する(一酸化炭素が酸素と競合します)など複数の要素が循環器疾患との関連の背景に存在します。血管がぼろぼろになる・血液がどろどろになるという現象は、喫煙によっても大きく影響されます。