厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

CPR / 心肺蘇生法(cpr / しんぱいそせいほう)

呼吸・心臓が停止してる人に対して、救命のために胸を強く圧迫したり息を吹き込んだりしてその動きを助ける方法。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

病気・負傷などにより呼吸や心臓が停止してる人に対し、胸を強く圧迫したり息を吹き込んだりしてその動きを助ける救命方法です。特殊な器具や医薬品を使わずに行う方法で、AEDとともに一次救命処置(BLS)とも言われます。

手順としては、下記の流れで行います。

  1. 声をかけたり肩を叩いたりして、意識の確認を行います。
  2. 反応がない場合は協力者を求め、119番通報とAED(自動体外式除細動器)の手配を依頼します。
  3. 空気の通り道(気道)の確保を行います。気道確保は、あご先を上に引き上げ頭を後ろに傾けるようにします。
  4. 呼吸を確認します。気道を確保したまま、胸が上下に動いているかどうかを目で確認し、呼吸音がするかどうかを耳で確認します。また吐く息が感じられるかどうかも確認します。
  5. 正常な呼吸がない場合は、人工呼吸を行います。鼻をつまんで、胸が上がる程度まで口から息を吹き込みます。
  6. 人工呼吸を2回繰り返しても呼吸が回復しない場合には、胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行います。胸骨圧迫は毎分約100回のテンポで30回続けて行います。AEDを使用しない場合は人工呼吸と胸骨圧迫を繰り返します。

日本医師会によるがガイドラインでは、人工呼吸が困難な場合に胸骨圧迫を優先して始めることや、心拍の有無が確認できない場合は呼吸がなければすみやかにCPRを始めることが示されました。

救急車の到着までに平均5-6分かかるとされていますが、人間の脳は酸素が無くなってから3分~4分で死に至ります。救急車を待つ間に一刻も早く心肺蘇生法を行うことが、救命率を大きく左右することとなります。