厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

e-ヘルスネット

てんかん(てんかん)

脳の一部もしくは全体が過剰に興奮しやすくなっていて、脳が過剰に興奮すると意識障害やけいれんなどの発作を起こす。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

てんかんとは、脳の一部もしくは全体が興奮しやすくなっていて、なにかのきっかけで容易に脳が過剰興奮してしまう疾患です。
その興奮は「発作」と呼ばれ、意識障害や痙攣、突然走り回る(自動症)、手や顔の一部がピクピクする(運動発作)など多彩な症状を呈します。発作は、繰り返されるのが特徴です。

てんかんの原因は、出産時の仮死状態、外傷、脳出血などさまざまですが、約2/3は原因が特定されていません。原因が明らかなものを「症候性」、不明なものを「特発性」のてんかんとよびます。
3歳以下の発症率が非常に高く、18歳までに80%が発症すると言われています。近年では高齢化が進み、高齢者の脳血管障害による発症も増えています。

現在では、約80%のケースで治療による発作のコントロールが可能であるといわれています。一方で、てんかんの発作は突然起こります。短時間なら命にかかわらないことが多いのですが、転倒などによるケガなどを防止するために周囲の人の適切な対応が必要となります。短時間で発作がおさまらない場合は「重積状態」の可能性があり、後遺症などを残す場合があるので、すみやかに医療機関に連絡してください。